赤ちゃんの夏に必要あり?レッグウォーマーの使い道とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



leg warmers

体温調節が苦手で、体温を一定に保つことが難しい赤ちゃんは、1年を通して衣類で体温を調節してあげる必要があります。

まだ自分で「暑い」「寒い」と訴えられない時は特に、ママが体温を調節してあげなければなりません。

夏は外の気温が高く、家の中でもクーラをつけて過ごすことが多くなりますよね。

そんな時に役立つのがレッグウォーマーです。

・夏にレッグウォーマーは必要?

レッグウォーマーの使い道としては、防寒対策とサポーターとしての2通りがあります。

夏でも電車の中や、スーパーなどは冷房が効いていて寒いですよね。

外にいる時は暑くて必要ないかもしれませんが、お店に入った時にサッと履かせられるのでとても便利です。

吸湿性が良い素材であれば、外出中も紫外線対策として使うこともできすね。

自宅では肌着で過ごすことが多い時期ですが、朝方や夕方など気温が低い時間帯につけると保温効果があります。

また肌着で過ごしていると、ハイハイをした時に膝がフローリングや畳みにあたり痛いですよね。

それをカバーしてくれるのがレッグウォーマーです。

・レッグウォーマーの選び方

レッグウォーマーを手作りして、赤ちゃん誕生を待っているママもいるかもしれませんね。

夏にレッグウォーマーを使うなら、やはり素材選びは大切です。

防寒対策だからといって、毛糸やフリース素材のレッグウォーマーは夏には向きません。

暑さが中にこもりあせもなどの皮膚トラブルにつながってしまうので、夏は風通しの良い素材やガーゼ素材を選ぶようにしましょう。

サイズは赤ちゃんに合ったものを選ぶと良いですね。

太ももにフィットしていないと下ってきてしまったり、ハイハイの邪魔になってしまうことがあります。

小さすぎると、ゴムが太ももに食い込んで内出血を起こしたり、赤ちゃんの動きを妨げてしまいます。

月齢にあったサイズを選ぶと失敗してしまうこともあるので、赤ちゃんの体型に合わせてフィットするものを選んであげましょう。

・レッグウォーマーの意外な使い道

レッグウォーマーは自分で用意するより、なんとなくお祝いでもらうことが多いイメージがあります。

もし使わないなら、抱っこひものストラップ部分につけてみましょう。

専用のストラップカバーも売られていますが意外と高いんですよね。

よだれでベチャベチャになるのを防ぐのに、使わないまたはサイズオーバーしたレッグウォーマーを付けると簡単に取り外しができ、洗濯も簡単です。

レッグウォーマーは冬に使うイメージが強いベビーグッツですが、赤ちゃんは1年を通して使うことができます。

絶対必要で、何枚も用意しなければならないというベビーグッツではありませんが、あるととても便利なベビーグッツですよ。

leg warmers / jencu

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。