赤ちゃんのほくろが増えるのはいつ?原因は遺伝なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Baby

私たちが一般的に呼んでいる「ほくろ」は、実は医学用語に存在しない言葉です。

医学的には母斑という呼び方をされています。

母斑細胞がメラニン色素を持っており、褐色や茶色の斑点として皮膚に現れるのが母斑、いわゆるほくろです。

ほくろができる仕組みは分かっていないことが多いのですが、通常は生まれたての赤ちゃんにはほくろがありません。

どんなに早くても生後1ヶ月してから出始めて思春期が始まる頃までにできるほくろは、先天性なものが原因で遺伝と関係が深いようです。

思春期以降にできるほくろは、紫外線による後天的なものが原因とされています。

今回は注意が必要なほくろについて紹介します。

・赤ちゃんのほくろは要注意

大抵のほくろは良性のもので、産院や乳幼児健診で専門の病院を受診するようにいわれなければ、そのまま放っておいて問題ありません。

しかし、ほくろのサイズが直径5㎝以上だったり、急激に大きくなったほくろは注意が必要です。

また、ほくろの形がいびつだったり膨らんでいる場合、ほくろから出血がある場合、ほくろの境目がはっきりしない場合もメラノーマと呼ばれる悪性黒色腫などの皮膚がんなどに悪化する可能性があります。

1つでも当てはまったら、小児科か皮膚科に相談してみましょう。

もし悪性でも手術して切除すれば問題ないので、落ち着いて対応しましょうね。

・生まれつきあるほくろ

生まれつき赤ちゃんの皮膚にあるほくろは、ほくろではなく色素性母斑と呼ばれます。

母斑とはあざの一種で、皮膚や血管などに由来している細胞の奇形とされています。

奇形と聞くと深刻なことを想像してしまうかもしれませんが、小さな色素性母斑なら問題はありません。

色素性母斑ができる場所によって色はさまざまで、黒や茶色、赤色、青色、白色などもあります。

色素性母斑は遺伝性はなく、中には成長するにしたがって消えていく母斑もあるのです。

1㎝以下であることがおおいのですが、生まれてからできたほくろと同様に5㎝を超える大きさなら注意が必要です。

中には20㎝以上の色素性母斑が確認されることもあるので、医師による診察が必要です。

・ほくろの治療

生まれた時から赤ちゃんにほくろがある場合は、サイズが大きいようなら将来皮膚の病気に発展する可能性があるため治療が必要です。

母斑が悪性と判断されると皮膚の表面だけでなく組織も一緒に除去します。

早めに治療することで痕が残りにくくなるので、早めに病院で診てもらいましょう。

小さいほくろの場合は緊急性がないので神経質になる必要はありませんが、できるだけほくろを少なくしてあげたいというママもいるといると思います。

小さなほくろなら電気やレーザーなどで焼いたり、メスやパンチでくりぬくこともできます。

大きな母斑と同様、赤ちゃんの頃なら皮膚の再生が早いので目立たなくなると思います。

ただし、ほくろは次々と出てくるので本当に治療が必要なのかは見極める必要がありますね。

赤ちゃんが大きくなり思春期を迎えた頃検討しても遅くないのではないでしょうか。

Baby / jeremysalmon

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。