生後5ヶ月の赤ちゃんに効果的な3つの遊びとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Romeo

生後5ヶ月になると首がすわってきて、うつ伏せの状態で頭を持ち上げることができるようになってくるので、視界が広がり見える世界が変わってきます。

見え方も遠近感を感じられるようになってきて、興味のあるものに手を伸ばす仕草も多く見られるようになります。

手や腕の動きが活発になり手先の器用さも日に日に増してくるので、物を上手に握れるようになったり、叩いたり、ぶんぶんと振り回したりすることができるようになります。

このような時期の赤ちゃんにはどのような遊びが適しているのでしょうか。

・生後5ヶ月体の発達

身長、体重

生まれた頃は身長約50㎝、体重約3,000gだった赤ちゃんは、生後5ヶ月になると男の子と女の子で違いが出てきます。

男の子は体重6㎏から9.1㎏、女の子は6㎏から8.5㎏くらいに成長します。

男の子は外見的にもずっしり見えてきますね。

身長は65cmから75cmくらいですが、生後5ヶ月ころから変化が穏やかになるため個人差が出てきます。

喃語が始まる

パパやママを真似て喋ろうとするのが、生後5ヶ月の赤ちゃんです。

意味のある言葉をまだ喋ることはできませんが、「あーあー」「うーうー」という言葉を発します。

音を出している状態ですが、生後5ヶ月の赤ちゃんにとっては喃語でおしゃべりをしているつもりなので、シチュエーションに合わせて「楽しいようね」「おいしいよね」と話しかけてあげましょう。

笑ったり怒ったりの感情も豊かになり、生後5ヶ月くらいからママにも余裕が出てきて赤ちゃんがより一層かわいく見えると思いますよ。

寝返りをする

生後5ヶ月の大きな成長の1つは、寝返りを始める赤ちゃんがいることですね。

昼寝の時間帯が決まり生活リズムも落ち着いてきますし、首や胸、腕の筋肉がつき自分で体を動かせるようになるので、ほとんど寝ていた赤ちゃんが活動的になる時期です。

足を持ち上げて触ったり、興味があるものに手を伸ばし口に入れたり活発になってきます。

生後5ヶ月は事故が増える時期なので、転落や誤飲などに気をつけましょう。

視力

ま生まれた頃は視力が低く明暗やモノクロの色調のもが判断できるくらいでほとんど見えていない状態でしたが、生後5ヶ月になると0.2くらいまで上がってきます。

まだ輪郭が何となく見えるくらいの視力ですが、目に見えるものに触れようと手が連動してくる時期です。

・効果的な3つの遊び

いないいないばあ

生後5ヶ月にもなると、今まであまり興味を示さなかったような「いないいないばあ」がとても喜んでくれる遊びへと変化します。

それは、赤ちゃんの記憶力が増してママの顔を覚えることができるようになり、顔が隠れた時に「どこにいったんだろう?」という好奇心が生まれるからです。

ママを見つけると笑って反応し、喃語を発したりします。

握り遊び

生後5ヶ月は手先がよく動くようになり物を握ることが上手くなってくるので、なにかを握らせる遊びが有効です。

手先の動きは脳の働きにも大きく影響するので、握り遊びは大切なのです。

握るものはガラガラやオーボールなどの赤ちゃんが握りやすいものが良いですが、ママの指や布など興味がありそうなものをたくさん握らせてあげましょう。

ティッシュの先を結んでママが結んでいない方の先を持ち、結び目を握らせてあげるのも、異素材を体験できますね。

ガラガラ

生後5ヶ月は首がすわっている赤ちゃんが多いため、音のなるおもちゃの方向を追って顔を動かしたり、物音がした方向を見たりすることが増えてきます。

首が動かせることによって、目を動かすだけよりも広い範囲を見ることができるので脳の発達や視力アップにつながりますね。

おもちゃはガラガラなどの音がなるものを選ぶと、自然と首の発達に繋がり寝返りの練習にもなります。

うつ伏せでの遊び

首がしっかりすわった生後5ヶ月の赤ちゃんはうつ伏せの状態にして、おもちゃなどを使って遊ばせてみましょう。

赤ちゃんにとってうつ伏せでの遊びは新鮮で興味深いものです。

生後5ヶ月はおもちゃに手を伸ばして全身を動かしたり、ねじったりすることで寝返りがスムーズにできるように促したり、ハイハイの準備にもなります。

おもちゃを叩いたり、ぶんぶん振り回したりするの腕の力もついてきます。

ただ、慣れないうつ伏せの状態は疲れるので、最初は短い時間から始めましょう。

・体を動かす遊びを取り入れよう

生後5ヶ月頃の赤ちゃんは寝返りができるようになったり、不安定ながらもおすわりができるようになるなど、身体面での変化がめざましいです。

注意して欲しいことは事故に繋がるリスクがあるということです。

今まではソファに寝せておくことができた赤ちゃんでも、寝返りができるようになると大きな事故になります。

また、視力が弱い赤ちゃんは、口で物を認識する時期なので何でも口に入れてしまいます。

しかし入れて良いものとダメなものの判別が付きません。

電池や、観葉植物の土、ゴミなど平気で口に運んでしまうので、赤ちゃんが安全に過ごせる環境作りが大切です。

離乳食が始まったり、夜泣きが始まったり、目まぐるしい成長がある時期です。

日中にしっかり遊ぶことで、離乳食がよく進んだり夜ぐっすり寝てくれることにも繋がります。

体を動かす遊びは体の成長をサポートすることができますので、うつ伏せ状態での遊びなど全身を使った遊びをたくさん取り入れてくださいね。

・生後5ヶ月の赤ちゃんとママ

夜まとまった睡眠が増える生後5ヶ月ですが、その一方で夜泣きが始まる赤ちゃんがいます。

夕方を過ぎる頃から急に機嫌が悪くなることがあり、お腹が空いて泣いたり、おむつが濡れて泣くのではなく、理由がなく泣き始めることがあります。

夜泣きの原因もはっきりわかっていませんが、ママが側にいることがわかるように安心してあげましょう。

また、授乳に慣れてくる生後5ヶ月ですが、遊び飲みが始まります。

しっかりと飲まずにおっぱいで遊び始めたり、キョロキョロして飲まなかったりします。

いつもは短時間で飲むのに、30分以上かかる時は遊びのみをしているかもしれませんね。

そいった時は授乳を切り上げて様子を見てみましょう。

育児に慣れてくる生後5ヶ月頃は、大きな成長がある一方で心配事や新たな悩みが増える時期でもあります。

何ヶ月も寝不足が続いてママの疲労も溜まっている頃なので、パパの協力してママがリフレッシュできるようにしてあげましょう。

生後5ヶ月の赤ちゃんと過ごせる時期は今しかありません。

成長を楽しんだり、喜んで毎日を過ごせると良いですね。

Romeo / PincasPhoto

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。