おしゃぶりはいつから使える?いつまでに止めるべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Bendito chupón / Blessed pacifier

おしゃぶりは、ママのおっぱいに代わる精神安定剤の役割を果たします。

外出先で泣き止まない赤ちゃんに加えさせることで、おっぱいを飲んだ時のように泣き止んでくれるのです。

しかし、おしゃぶりを加えさせることによる歯並びや噛みあわせの問題により加えさせないようにしているママがいます。

今回はおしゃぶりはいつから使うことができて、いつまでに止めなければならないかを紹介します。

・生後3ヶ月までに与えると良い?

最近はかわいいおしゃぶりがたくさんあり、赤ちゃんらしいアイテムの1つなので出産前に準備するママもいると思います。

用意したものをいつから使おうか迷っているかもしれませんが、生まれてすぐから使うことができます。

赤ちゃんはお腹の中で指をしゃぶっていましたし、生まれてからはママのおっぱいに吸い付くことができるよう吸啜反射という能力が備わっています。

教えなくても口に触れたおっぱいや自分の指を吸ったりできるのはこのためです。

指や足を吸うことで、自分の指や足がどこにあり、それらの感覚が発達していきます。

吸啜反射が活発な生後3ヶ月までは、自分の指をなめることが多い時期なのです。

つまり、おしゃぶりを始めるなら生後3ヶ月までに与えてみると反射的に吸ってくれるようになります。

吸う力が弱い赤ちゃんはおしゃぶりのサイズが大きかったり重いと落としてしまうので、おしゃぶりを支えてあげると良いですね。

しかし、おしゃぶりが苦手な赤ちゃんもいますので、無理に入れず、数日後にもう1度挑戦してみると良いと思います。

・1歳から少しずつ減らそう

おしゃぶりは精神安定剤になるので、泣き止んだり寝かしつけが楽になったり、鼻呼吸を促すなどのメリットがあります。

しかしずっと使い続けることでコミュニケーションが減ったり、言語の発達が遅れる、中耳炎になりやすいなどのデメリットがあります。

母乳育児の場合だと、おっぱいを吸うよりおしゃぶりを吸う力の方が弱くて済むため楽な方を選んで、母乳を拒否してしまうこともあるのです。

また、歯並びや噛みあわせに影響してしまうのも事実です。

歯並びや噛みあわせの問題だけでいうと2歳半までに止めさせると影響はないと日本小児歯科学会で報告されていますが、赤ちゃんがおしゃぶりを要求するまで使い続けると止めるのが難しくなります。

1歳頃を目安に、寝る前だけ使うなど使う機会を徐々に減らすか、きっぱり止めても良いと思います。

日中は公園に連れて行ったり体を使う遊びに誘うことで、おしゃぶりより楽しいことがあるということに気づかせてあげましょうね。

Bendito chupón / Blessed pacifier / eperales

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。