夜間断乳はメリットがいっぱい!始める時期と方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



baby feet

授乳がつらくなってきて、卒乳を考え始めるママは多いと思います。

卒乳は普通、日中の授乳を減らしていきながら卒乳を促していく方法ですよね。

しかし実際のところは、日中より夜間の授乳がつらいと思います。

でも、完全に授乳がなくなってしまうのはまだ寂しいというママも多いと思います。

そんなママにおすすめなのが、夜間断乳です。

・夜間断乳の時期

夜間断乳とは、夜間だけ断乳する方法です。

いつ夜間断乳をするべき、といった決まりはないのですが、1度に飲めるおっぱいの量が増えて離乳食が2回になった頃がおすすめです。

早い赤ちゃんだと6カ月から夜間断乳しますが、平均すると1歳くらいに始めることが多いようです。

・夜間断乳の方法

普通の断乳や卒乳と方法はほとんど変わりありません。

日中の活動をしっかりとして体を疲れさせ、夜ぐっすり眠ってくれるようにすることが大切です。

晴れている日は公園に出かけたり散歩をして、体を使って遊ぶことやたくさんの刺激を受けるようにしましょう。

昼間のお昼寝も1時間くらいにやめておくと、夜の睡眠が十分に取れますね。

夜は寝る前の授乳が終わったら、赤ちゃんに夜間のおっぱいはお休みであることを言葉で伝えましょう。

言葉をしゃべることができなくても赤ちゃんには伝わるようになるので、寝る前の授乳でたっぷり甘えさせて、「おっぱいもねんねするね」などの声をかけます。

もし夜中におっぱいを欲しがって泣いたとしても、6ヶ月を過ぎていて赤ちゃんの体重が右肩上がりであれば夜中の授乳は必要ありません。

「おっぱいもねんねしているよ。朝になったらいっぱいあげるね」などの声をかけてあげましょう。

空腹だけではなく、不安や寂しい気持ちで泣いたりするので、背中をトントンしてさすってあげたりしながら気持ちを落ち着かせてあげると良いですね。

タオルや人形など、赤ちゃんがお気に入りのアイテムを与えてあげるのも良いと思います。

最初の3日間耐えることができたら、夜間断乳は成功です。

初日は驚くほどな泣く赤ちゃんもいるので、寝かしつけはパパにお願いしたり、パパが休みの3日間に合わせて挑戦してみると良いと思います。

・夜間断乳のメリット

夜間断乳することでママの睡眠が確保されストレスが減りますし、赤ちゃんの胃腸に負担がかからずお腹が空いた状態で朝を迎えるので離乳食をしっかり食べてくれるようになります。

また、今まで癖のように夜中に泣いておっぱいをくわえていたのが、おっぱいを飲まない習慣が身に付き夜泣きがなくなります。

ママにとっても赤ちゃんにとっても良いことがある夜間断乳ですから、授乳がつらいと感じてきたら考えみるとよいかもしれませんね。

baby feet / storyvillegirl

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。