離乳食はいつから始める?赤ちゃんにあった進め方の基本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Baby food tasting

初めての子育てで、赤ちゃんの離乳食をいつから始めるべきかわからないママも多いと思います。

育児本や子育てサイト、離乳食のレシピ本などではほとんどが生後5ヶ月頃から離乳食を始めるべきと書かれています。

しかし、赤ちゃんの成長はそれぞれであり、全ての子がその通りに育つわけではありません。

もっと早い子もいれば、生後半年になってもまだ離乳食を始められない子もいます。

今回は一般的に言われている離乳食開始のタイミングとは別に、それぞれの子に合った離乳食開始のタイミングの見極め方ついて紹介していきます。

・食事中の赤ちゃんの様子

離乳食を始めるポイントとなるのが、家族がご飯を食べている時に赤ちゃんがどんな反応を示しているか、ということです。

パパやママが食べている様子をじっと観察していたり、食べている様子を真似してモグモグしていたり、食べ物を見てよだれをたくさん出すようになっていたら、食べることに興味を示しています。

首がすわり乳歯が生える時期になって、このような反応があれば離乳食にチャレンジしてみましょう。

・離乳食を始めるタイミングは「哺乳反射」

離乳食を始めるタイミングを見極めるためのカギとなるのは、「哺乳反射」です。

哺乳反射とは、赤ちゃんがおっぱいを飲むために生まれたときから備わっている反射のことで、唇のまわりに触れたものに対して口を開けて、固形物が入ってくると舌で外に出そうとする働きです。

簡単にいうとママの乳首を探し、くわえて、母乳を吸って、飲み込むためのものです。

離乳食開始の目安は、この哺乳反射による動きが少なくなってきた頃が良いと言われています。

哺乳反射が少なくなってくると、自分の意思で食べ物を舌で押し出したり受け入れたりする能力が徐々に発達してくるためです。

この反射による動きは、赤ちゃんが生後4ヶ月から5ヶ月頃から徐々に少なくなり、生後半年頃になると刺激を与えても全然反応しなくなります。

哺乳反射が弱まると離乳食用のスプーンを舌に置いても押し出そうとしなかったり、嫌がらなくなりますので離乳食をスタートしやすいタイミングと言えます。

逆に、離乳食を全然食べてくれないという時は、離乳食用のスプーンを舌に置いた時にどんな反応をするか試してみましょう。

もし舌で押し出したら、離乳食を始めるのはまだ早いかもしれませんね。

・赤ちゃんに合ったタイミング

離乳食を始めるタイミングを見極めるためには哺乳反射が良い判断基準になります。

しかし母乳で育てている赤ちゃんは、離乳食を食べることでママとの密着が少なくなり不安を感じてしまうことがあります。

また、ミルクや母乳が大好きでまだ興味がないこともあります。

さまざまな条件が揃って離乳食をスタートさせる時は、赤ちゃんが不安にならないよう別の方法でスキンシップをとるようにして、赤ちゃんがお腹が空いている時間を見計らって離乳食を与えるようにしましょうね。

その子の成長に合ったタイミングで離乳食を開始するために、普段からおっぱいを飲ませてあげる時にしっかりと赤ちゃんを観察することが大切です。

Baby food tasting / Lars Plougmann

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。