何もないところが遊び場に!生後3ヶ月でも楽しめる遊び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Sleeping Baby Park Japan

外気浴だけで過ごしていた生後1ヶ月や2ヶ月の頃と違い、少しずつ近所の散歩へ行けるようになる3ヶ月頃。

毎日同じ場所だと、ママも赤ちゃんも飽きてしまいますよね。

自分で動くことがほとんどできない時期ですが、3ヶ月頃の遊び場としても公園はおすすめです。

今回は3ヶ月の赤ちゃんの遊び場について紹介します。

・生後3ヶ月の公園遊び

遊具に触れる

見るものや触れるもの、なんでも新鮮な時期です。

ママのサポートがあれば、公園にしかない遊具に触れることができますね。

触れることで五感が刺激されるので、「これは何かな?」「ワンワンだね」と話しかけながら触れ合いを楽しんでみましょう。

また、手の届かないところにある葉っぱや花は抱っこして近くへ寄ってあげると、赤ちゃんの視界も広がり自然と触ってみたいという気持ちになりますよ。

大きい子が遊ぶ姿を見る

公園はいろんな年齢の子どもたちが集まり遊ぶ場です。

大きな子どもたちと遊ぶことはできませんが、距離を取って遊ぶ姿を観察するのも赤ちゃんにとっては刺激的です。

レジャーシートでゴロゴロ

うちの中でゴロゴロするのとは違った刺激を受けられるのが、屋外でのゴロゴロです。

木陰を見つけてレジャーシートを敷けば、3ヶ月の赤ちゃんでも安心して過ごせる場所ができますよ。

散歩する

公園内を散歩するだけでも、いつもの散歩コースとは違った刺激があります。

視界が変わり、穏やかな雰囲気を過ごせるのが公園の魅力ですね。

抱っこして360°回ってあげるだけでも、赤ちゃんの全身を刺激します。

首がすわっていれば、抱っこの高さが変わるだけで体勢が変わるので赤ちゃんも楽しめます。

・地域のコミュニティーセンターで室内遊び

雨の日や外遊びには向かない気温の時は、地域のコミュニティーセンターや子育てサポートセンターなどにでかけてみましょう。

自宅にはないおもちゃや遊具があるので、新しい刺激を感じることができます。

月齢が近い赤ちゃんもたくさんいるので、良い刺激になるはずです。

また、ママもお友達を作るチャンスですね。

同じ月齢の赤ちゃんを持つママ友ができると日頃の不安を相談し合うことができますよ。

施設には専門の相談員がいることもあるので、悩みがある場合は相談してみるのも良いと思います。

・ママのサポートが大切

生後3ヶ月は外デビューをして間もない頃なので、公園や施設に行くことは赤ちゃんにとって良い刺激となります。

首がすわるかすわらないかの時期で動きが制限され、自分から何かを触りにいくことができませんがママのサポートがあれば遊びが十分に広がります。

目の前で葉っぱを揺らすだけでも、光の加減や葉っぱの色、感触など、何気ない物が赤ちゃんの興味を刺激します。

何もないところだけれど、遊び場になるのが赤ちゃんなのです。

赤ちゃんを連れて、色々なところへ出かけてみてくださいね。

Sleeping Baby Park Japan / erizof

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。