おしっこは拭く?拭かない?女の子のおむつ替えの注意点とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Motherhood_Diaper

女の子のおむつ替えは、男の子より注意が必要ですね。

女性器は男性器より複雑な構造をしているため、間違った拭き方をしているとばい菌が入り込んで炎症を起こすなどのトラブルになってしまいます。

今回は女の子のおむつ替えでママたちが感じている疑問について紹介します。

・おしっこの時は拭く?拭かない?

紙おむつの吸収力がどんどんあがっていて、おしっこの時は汚れていないと思われますが、紙おむつは単に排泄物を吸収してくれているだけです。

排泄物を含んだおむつでおしりを覆っているわけですから、おしっこをした時も綺麗に拭いてあげる必要があります。

毎回おしり拭きを使って綺麗にしてあげましょう。

割れ目の部分には汚れが溜まりやすいので、こすって傷つけないよう気をつけながら、広げて粘膜の部分もポンポンと優しく拭いてあげると良いですね。

・おしりを拭く順番は?

うんちをして汚れてしまった場合、汚れの少ない外側から徐々に汚れが多く付いている部分を拭くようにします。

汚れた部分から拭くと汚れが広がってしまうので気をつけましょう。

特に女の子は前から後ろに拭くことも大切です。

うんちが割れ目の方に流れてしまうことがありますが、割れ目にうんちが長くついていると尿道や膣にばい菌が入ってしまう可能性が高くなります。

うんちをした時はできるだけ早くおむつ替えをして、汚れを取り除いてあげることが必要です。

シャワーで流す場合は、肛門周辺や尿道は汚れが溜まりやすいので石鹸を使って洗い、割れ目の間は軽く広げてシャワーで流してあげましょう。

女の子の性器は男の子の性器よりも粘膜の部分が多いため、石鹸は外側の部分だけにしておいたほうが良いですね。

もし割れ目の間に石鹸がついてしまってもシャワーで洗い流せば問題ありませんし、粘膜には自浄作用があり分泌物を出して洗い流す作用があるので神経質になる必要はありません。

・清潔にしないとトラブルが起こる?

おむつ替えで清潔にしてあげないと、おむつぶれという皮膚炎を起こすことがあります。

おむつの中は湿度が高く蒸れている状態なので、皮膚がふやけて柔らかくなっています。

そこからうんちのばい菌が入ってしまうことでおむつかぶれを引き起こします。

また、尿道からばい菌が入り尿道炎や膀胱炎、ひどくなると腎盂腎炎になりひどい高熱を出すこともあるので注意が必要です。

その他、肛門炎や肛門周辺炎、膣炎、カンジダ炎やカンジダ膣炎の可能性もあります。

どのトラブルも清潔にすることで防ぐことができるので、こまめなおむつ替えと汚れをきれいに拭きとってあげるようにしましょうね。

Motherhood_Diaper / benmarvi

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。