生後5ヶ月の離乳食の進め方!体重が増えない時の対策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Baby kisses

生まれたばかりの赤ちゃんは体がとても小さくてやわらく、壊れてしまいそうなくらいデリケートですよね。

それが生後5ヶ月くらいになると、首もすわり体重も増え体がしっかりしてくると思います。

ママも頻繁な授乳やおむつ替えが少し落ち着きますし、育児に慣れてくる頃だと思います。

色々なことを考える余裕が出てくると、赤ちゃんの成長が遅いのではないかと不安になるのもこれくらいの時期ですよね。

今回は生後5ヶ月の赤ちゃんの発達の目安について紹介します。

・生後5ヶ月の体重と身長

厚生労働省が示している成長曲線では、体重が5,500gから9,200gで、身長は60㎝から71㎝となっています。

男の子の一般的な体重や身長は、6,000gから9,200gで、身長は62.0㎝から70.4㎝に成長します。

女の子の体重は5,500gから8,700gで、身長は60.0㎝から68.7㎝くらいに成長すると思います。

体重や身長は個人差があり、その差が大きい時期なのであくまでも目安としてとらえましょう。

また、体重が増えないことを心配するかもしれませんが、これは離乳食の影響が考えられます。

離乳食の食べムラがあったり、並行してあげるママの母乳の出が悪くなっていることで体重が増えないかもしれませんね。

その場合はフォローアップミルクをあげて栄養を補う必要があります。

また、この頃から寝返りなどで運動量が増えてくる時期なので、たくさん離乳食を食べていても体重がそれほど増えないことがあります。

おしっこや便の回数が明らかに減っていなければ心配はありませんが、いつもの回数と比較して極端に減っている場合は栄養が足りていない可能性があるので保健師さんに相談したり、フォローアップミルクを使うことを考えてみましょう。

・生後5ヶ月の授乳回数とミルクの量

生後5ヶ月になると、赤ちゃんもおっぱいを飲むのが上手になりママの母乳の分泌量も増えているので、1度にたくさんの量を飲めるようになります。

そのため授乳間隔が安定し、4時間以上間隔があくことも珍しくありません。

夜中も5時間から6時間まとまって寝てくれるようになる赤ちゃんもいますよ。

1回の授乳で30分以上かかっている場合、赤ちゃんが遊び飲みをしている可能性があります。

授乳は最初の10分で半分以上飲めていることが多いので、あまりにも長い時は授乳環境を見直してみましょう。

ミルクの場合は200mlを1日4回から5回飲みます。

体重の増加を確認しながら、量を調節していきましょう。

また、生後4ヶ月以降は昼夜の区別がつき始めるので、授乳やミルクは決まった時間に与えると1日のリズムが整いやすくなります。

・生後5ヶ月の離乳食

生後5ヶ月になると離乳食を開始する赤ちゃんがでてきます。

大人が食べるのを欲しがったりよだれが増えてきたなどが離乳食開始の目安です。

首と腰がしっかりすわっていれば、離乳食を始めてみましょう。

最初は10倍粥を小さじ1からはじめ、2日目は小さじ2というように少しずつ増やしていきます。

2週目からはビタミンやミネラルの食材を増やし、3週目からはたんぱく質の食材を取り入れます。

1回の食事で1品から2品用意し、1ヶ月後に小さじ10くらいまで食べられるように少しずつ増やしてみましょう。

・生後5ヶ月の外出

生後5ヶ月になると首もすわり、腰がすわる赤ちゃんも多くいるのでベビーカーでの移動ができるようになります。

近所の公園やスーパーだけではなく、少しずつ距離を伸ばしていける時期ですね。

まだ生活リズムを整えている段階なので、授乳時間やお昼寝時間に影響がない時間を選んで外出をしましょう。

日射しが強い時間帯はUV対策をしてくださいね。

30分以上外出が可能ですが、体力がないので2時間以内におさめてあげると安心です。

・生後5ヶ月の睡眠時間

生後5ヶ月の1日の睡眠時間の目安は15時間程度です。

昼夜の区別が付き生活リズムが整ってくるので、夜中に5時間から8時間くらいたっぷり寝てくれることが多くなります。

お昼寝は午前に1時間、午後に2時間から3時間程度ですね。

ただし生後5ヶ月になると夜泣きが始まる赤ちゃんがいるので、お昼寝の時間を減らしたり時間帯を早めるなどの工夫が必要になるかもしれません。

・生後5ヶ月の発達の目安

生後5ヶ月になると、さまざまな体の機能が発達してきます。

寝返りを始めたり、首や胸、腕の筋肉がついたり、足を持ち上げて触る、興味あるものに手を伸ばしたり口に入れる、笑ったり怒ったりなど感情が豊かになる、人見知りが始まる、喃語が始まるなどです。

寝返りをすることでうつぶせ寝に注意しなければならなかったり、何でも口に入れようとするので物を片付けなければならないなど、自分で動けるようになることで注意することが増えます。

夜泣きや人見知りが始まる一方で、表情が豊かになり言葉の前兆である喃語が増えるので育児がより楽しく感じる時期でもあります。

生後5ヶ月は個人差が大きい時期なので、発達が遅れているのではないかと焦ることなく、赤ちゃんの日々の成長に目を向けてあげてくださいね。

Baby kisses / hayleesherwood

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。