夜間断乳はいつから始める?失敗したらどうするべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



lara and saskia

赤ちゃんにとってママのおっぱいを飲むことは、ママをより近くで感じることができとっても幸せな時間を過ごしています。

安心感を得られるので、暗い夜でもママの側でぐっすり寝てくれるようになります。

しかし赤ちゃんは夜中に何度も目を覚まして、寂しさや不安を泣いて表現しますよね。

その度にママが起きて授乳をするのは大変なお世話の1つだと思います。

今回は夜間だけ断乳を行う、夜間断乳の始める時期と失敗した時の対応について紹介します。

・夜間断乳はいつから?

夜間断乳は言葉の通り、夜間だけ断乳し日中は今までどおり授乳を続ける方法です。

夜間断乳を進めることで日中の授乳回数も自然に減っていくため、夜間断乳から始めるママも少なくありません。

赤ちゃんは生後4ヶ月頃から、夜中にあえて起こしてまで授乳する必要はなくなります。

1度に飲める量が増えるため、赤ちゃんが起きたタイミングで授乳しますね。

4ヶ月や5ヶ月頃はまだ栄養面での授乳が必要になるので、あえて起こす必要はありませんが、起きた時は授乳が必要です。

6ヶ月頃になると離乳食が始まっている赤ちゃんが多くなっていると思います。

離乳食が順調に進んで母乳以外から栄養を取れるようになったら、夜間断乳を進めても良いですね。

目安としては、離乳食が2回になった頃がおすすめです。

ただし絶対にこの時期に始めなけれなならないものではなく、1歳前後で開始するママも多くいますよ。

・夜間断乳が失敗したらどうする?

夜間断乳は通常の断乳や、計画的な卒乳と同じで、赤ちゃんに「もうすぐおっぱいとバイバイしようね」と伝えることから始まります。

日中の活動を増やしたり、お昼寝を短くして夜中にぐっすり寝られるようにしたり、おっぱい以外の入眠儀式を取り入れ夜間断乳を目指します。

しかし赤ちゃんの心が追いついてこないと、夜間断乳も失敗に終わることがあります。

離乳食が2回になった頃は夜泣きが始まる時期ですし、泣き止んでもらうにはおっぱいを飲ませるのが1番安心してくれるのも事実です。

夜間断乳をすることで夜泣きがなくなるというメリットもありますが、赤ちゃんによってはなくならないこともあります。

3日間夜間の授乳が止められれば夜間断乳は成功ですが、もし他の方法で寝付かせることが難しくおっぱいをあげてしまうこともあると思います。

夜間断乳が失敗してしまったら、また次の日から挑戦するわけにはいきません。

1度夜中におっぱいをもらえない経験をしているので、2ヶ月から3ヶ月あけて挑戦する必要がありますし、その時はより一層の努力が必要になります。

夜間断乳する時は、ママの揺るがない覚悟が必要ですし、赤ちゃんが夜間断乳を受け入れられる時期かを見極めるのもとても大切です。

軽い気持ちで夜間断乳をすることは、赤ちゃんをただ不安にさせてしまうだけなので、すると決めたら夜間断乳に向けた準備をしっかりとして望んでくださいね。

lara and saskia / djprybyl

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。