グズグズしないか心配!新幹線や電車移動で気をつけること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



CIMG3029

赤ちゃんが少し大きくなると、旅行やお出かけをする機会が増えてきますよね。

今までは近場でのお出かけが多かったかもしれませんが、遠出することで赤ちゃんは新しい刺激を受けることができます。

しかし移動距離が長いと疲れてしまったり、体調を崩しやすくなるので注意が必要です。

今回は赤ちゃんを連れて新幹線や電車で移動するときの注意点を紹介します。

・新幹線や電車移動で気をつけること

1.冷房対策

夏は特に、車内は冷房が効いていることが多いので赤ちゃんにとっては寒すぎる環境になることも少なくありません。

体が冷えた時にすぐに対応できるよう、ポンチョやカーディガンをすぐに出せるようにしておきましょう。

はじめから薄手の長袖を着ていくのも良いと思います。

2.乗車位置

赤ちゃん連れの場合、多目的室が近いほうが便利です。

しかし混雑しやすい日や時間帯だとすぐに使えないこともあるので、トイレの位置を確認しておきましょう。

乗り換えがある場合は、乗り換えがしやすい乗車位置を調べておくと良いですね。

できれば空いている時間帯で、トレイやデッキに出やすい通路側の席を予約し、ぐずった時にすぐに移動できるようにしておくと安心です。

3.ベビーカー

電車での移動は、ラッシュ時に乗ると座れないこともあるので混雑する時間帯を避けたほうが良いと思います。

ベビーカーは混雑の具合を見て、使用するかどうか判断してくださいね。

・おすすめのあやしグッツ

電車や新幹線は他の人もたくさん乗車しているので、音の鳴らないあやしグッツが良いでしょう。

たっちを始めた赤ちゃんはどうしても座席に立ちたがるので、パパやママのいらなくなった靴下を靴の上からかぶせてあげると靴を脱がしたり、履かせたりの手間が省けます。

授乳は人通りがまだ少ない発車直後に済ませると良いので、授乳ケープを持って行くと便利です。

どうしてもぐずってしまう時は、気分転換にデッキに移動すると良いですね。

CIMG3029 / yoshimov

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。