脳を刺激しよう!5ヶ月の赤ちゃんに遊ばせたいおもちゃ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Beach toys

赤ちゃんが5ヶ月頃になると、首がすわって赤ちゃんらしさが少し抜けてくるころですね。

何でも口に入れてしまったり、心の成長にともない人見知りも始まりますが、手や足を動かせるようにもなり遊びの幅が広がってきますね。

5ヶ月の赤ちゃんはパパやママだけの世界から少し抜けだして、心も体も大きく成長していきます。

その時期にあったおもちゃを取り入れ、成長を促してあげたいですね。

今回は5ヶ月の赤ちゃんのおすすめのおもちゃを紹介します。

・5ヶ月にみられる成長

5ヶ月の赤ちゃんは、興味を示すものに触ったり、寝返りの練習をしたり、喃語をたくさん話したり、自分の意思で遊ぶようになります。

今まではパパやママがおもちゃを動かしてあげたり、握らせていたと思いますが、自分で手や足を動かして遊ぶのです。

離乳食が始まる時期でもあり口の感覚が急成長していくため、何でも口に入れて確認しようとします。

喃語も増えるので、会話のようなことが楽しめる時期でもありますね。

・5ヶ月のおすすめのおもちゃ

5ヶ月になると自分の意思で手を伸ばしておもちゃに触れようとするので、おもちゃは赤ちゃんが握りやすい大きさと硬さの物を選んであげましょう。

ボール

オーボールや布ボールは赤ちゃんにおすすめのおもちゃです。

コロコロ転がるボールは、追視の練習にもなるので良いですね。

ガラガラ

音が出るガラガラにも興味を示します。

今まではパパやママが鳴らしたり、握らせたら偶然鳴っていたかもしれませんが、5ヶ月頃からは自分で鳴らし反応を楽しむ様子が見られると思います。

お人形

布ボールが良いと紹介しましたが、お人形やおきあがりこぼしなども赤ちゃんにおすすめです。

握ったり、投げたり、振ったり、口に入れたりできるおもちゃは、脳へ良い刺激を与えますので赤ちゃんに自由に遊ばせてあげましょう。

おきあがりこぼしは、起き上がって喜ぶ赤ちゃんもいれば怖くて泣き出す赤ちゃんもいると思います。

どちらにせよ、赤ちゃんの脳がたっぷりと刺激されていますよ。

布絵本

5ヶ月の赤ちゃんは、じっと絵本を見たり聞いたりすることができません。

カラフルな絵柄やしかけ付いている布絵本を、見たり触ったりするのを楽しみます。

布絵本に触れていることで、「めくる」という動作を覚えていきますよ。

歯固め

歯固めは本来歯茎を鍛えたり、歯が生えてくる時の痛みやむず痒さを防止させるためのものです。

ちょうどこの頃に最初の歯が見えてくる赤ちゃんもいますが、歯固めとしてではなく、赤ちゃんが自由に口に入れて遊べるおもちゃとして渡すと脳にとって良い刺激になります。

歯固めは赤ちゃんが口に入れるものとして作られているので、安心して遊ばせることができますね。

鏡は赤ちゃんが「自分」と「他人」を理解していくために欠かせないおもちゃの1つです。

5ヶ月頃の赤ちゃんは鏡に映る自分を見て「誰だろう?」と思いながら、のぞきこんだり喃語で話しかけたりします。

そうやって鏡を繰り返し見ているうちに、鏡に映るのが自分だと気付き、それから自分以外の「他人」を認識していくようになります。

おもちゃとして鏡を渡す時は、割れにくい赤ちゃん用の鏡を選んであげましょう。

・たくさんの刺激を与えるおもちゃ

5ヶ月の赤ちゃんはさまざまな部分が急成長していくので、1つのおもちゃで何通りもの遊び方ができるようになります。

赤ちゃんに遊び方を教えてしまうのではなく、自由に持たせてどんな遊び方をするのか観察してみると、意外な発見があるかもしれませんね。

一方で、赤ちゃんが自分の意思で遊ぶようになるので、おもちゃが倒れてしまい怪我をする可能性があります。

また、何でも口にいれようとするので、小さなもおもちゃを与えてしまうと誤飲に繋がってしまいますね。

赤ちゃんが安全に使えるおもちゃを選んであげてくださいね。

Beach toys / HeyDanielle

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。