キスから感染?口に住み着く虫歯菌を予防しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Milly Loves Kisses

待望の赤ちゃん、お腹の中で大事に育ててきてやっと姿を見せてくれた大切な存在ですよね。

産まれてきてくれてありがとう。

「チュー」

ちょっとストップです。

今回はキスで移ってしまう虫歯につてい紹介します。

・虫歯に感染するリスク

赤ちゃんがかわいくて仕方がないことは分かりますが、キスは待ってください。

赤ちゃんの口にキスをするということは赤ちゃんの将来を考えるとしないほうが良いのです。

その理由としては、虫歯菌を赤ちゃんに移してしまうからです。

生まれたての赤ちゃんは虫歯の原因となるミュータンス菌を持っていませんが、パパやママは持っている可能性がかなり高いと言えます。

いつからいつまでという明確な期間は様々ですが、一般的には生後から3歳くらいまでは口にキスをしないほうが良いですね。

中には、歯が生える前は菌が口に残ることはないとして生後半年後からキスをしなければ良いとしている場合もあります。

この期間に虫歯菌に感染しなかった子どもは一生虫歯にならない、という話があるくらいこの時期は大切です。

虫歯菌は3歳くらいまでの間に人の口の中に住み着き、細菌叢を固定します。

つまり、そこを乗り切るとその後は虫歯菌に感染しにくくなるわけです。

・昔ながらの口移し

キスはもちろんですが、昔よく行われていた「母親がかみ砕いて柔らかくし、それを口から出して子どもに食べさせる」ということもよくありません。

細かいことを言うと、ママの使った箸をそのまま子どもに使わせることもよくありません。

歯医者に行くのは時間もお金もかかりますし、痛い思いもしなければなりませんね。

そんなことから子どもを守るためにも、小さいころのキスはお預けしたほうがよさそうです。

さらに、赤ちゃんへのキスによってヘルペス菌が感染し、死に至ってしまったケースも少なからずあるようです。

・キスは愛情表現の1つ

キスが子どもにとっての愛情表現であることは変わりありません。

子どももキスされると嬉しいものなので、ほっぺや腕などにはたくさんキスしてあげましょう。

キスは一切行ってはいけないということではありませんので、子どもが「自分は愛されている」と思い切り感じることができるように、口以外のキスでたくさんスキンシップは取っていきましょう。

赤ちゃんの将来の健康も守りつつ、たくさんの愛を注げるようにしたいものですね。

Milly Loves Kisses / donnierayjones

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。