かぶり式ボディはいつからいつまで着れる?基本の着せ方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Matilda

赤ちゃんに着せる肌着の種類が多くて、どれを着せて良いか迷ってしまいますよね。

新生児の頃は短肌着やコンビ肌着、長肌着を着せていたのではないでしょうか。

その他にボディスーツという、股の部分がスナップになっている肌着を着せていたママもいると思います。

サイドや前開きタイプのボディスーツは新生児の頃に着せやすいのですが、かぶり式ボディといい頭からかぶって着るボディスーツもあります。

今回はかぶり式ボディをいつから着たら良いかと、基本の着せ方を紹介します。

・かぶり式ボディはいつから着れる?

そもそもボディスーツというのは、足に裾がなく股の部分をスナップで留めるようになっている肌着をいいます。

足の裾がありませんが、おむつはしっかりカバーできますし、足を動かしやすいというメリットがあります。

股の部分のスナップが付いているのでおむつ替えがしやすく、服がめくれてお腹が出る心配もありませんね。

ボディスーツには、サイドに打ち合わせの紐が付いているタイプ、前にスナップが付いているタイプ、かぶって着せるタイプがあります。

サイドや前あきタイプは首がすわる前の赤ちゃんに着せやすい肌着なので、新生児から首すわり前まで着せることができます。

かぶり式ボディは、頭を通さなければならないので首がすわってから着せると着せやすいですね。

サイドや前開きタイプをそのまま使っても良いのですが、寝返りをするようになるとうつ伏せになった時スナップや紐があたってしまうので、うつ伏せになるのを嫌がるかもしれません。

赤ちゃんの成長に合わせて、着せやすい肌着を選択してあげると良いですね。

・かぶり式ボディの基本の着せ方

かぶり式ボディを着せるのは、首がすわる3ヶ月頃が目安になります。

ボディスーツは基本的に肌着として着るものですが、デザインがかわいいものが多くウエアとして1枚で着せることもできますよ。

基本的なコーディネートとは、「かぶり式ボディ+ロンパース(ボディオール)」や「かぶり式ボディ+セパレート」です。

セパレートは腰がすわってからが着せやすいと思います。

また、かぶり式ボディはトイレトレーニングが始まると、スナップを付けたり外したりが大変です。

外している間に漏れてしまったり、赤ちゃんが自分ではずせないので、ママも赤ちゃんもトイレトレーニングに挫折してしまうかもしれません。

かぶり式ボディを卒業するのはトイレトレーニングを開始する頃がタイミングだと思います。

夜はトイレトレーニングをしませんので、お腹の冷え防止に着せることでまだまだ長く使えると思います。

Matilda / shingleback

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。