ウォーターサーバー使ったミルクの作り方!最適な水の選び方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Ruby feeds herself

赤ちゃんのためのミルク作りは、粉ミルクやお水の雑菌を取り除くため、また水道水のカルキ臭をなくすためにもお湯を沸騰させなければなりません。

そのお湯で粉ミルクを溶かし、常温まで冷ますなど工程が多々ありますね。

そこで便利なのがウォーターサーバーです。

今回はウォーターサーバーでのミルク作りを紹介します。

・粉ミルクに沸騰したお湯を使う理由

赤ちゃんのミルクを作る際に、お湯を沸かして70℃以上にして使うよう指示されていますね。

それは粉ミルクにサカザキ菌やサルモネラ菌などの細菌が含まれていることが多く、それを殺菌するために熱湯が必要になるのです。

水自体にも細菌が含まれていることもあり、水道水を使用する場合ならカルキ臭を抜く意味でも、1度沸騰をさせるのが良いとされています。

・ウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーを選ぶ時に注意することは、ミネラル成分が含まれていないウォーターサーバーを選ぶことです。

赤ちゃんの胃腸の機能はまだ未発達で、粉ミルクに含まれているミネラル以外に、水に含まれているミネラルを飲むことで過剰摂取となり胃腸に負担がかかってしまうためです。

ピュアウォーターはほぼ無菌のクリーンな水で、雑菌を含まずその他の不純物もほとんど取り除かれていますのでわざわざ沸騰させて殺菌やカルキ抜きをする必要がないというわけです。

赤ちゃんでも使える、ミネラル成分が含まれていないRO水とも言われるピュアウォーターサーバーを選びましょう。

・ウォーターサーバーを使ったミルクの作り方

1.哺乳瓶に粉ミルクを入れ温水を入れる

哺乳瓶の大きさに合わせて粉ミルクを入れます。

ウォーターサーバーメーカーによって前後はありますが、温水はだいたい70℃から80℃です。

温水を3分の2まで入れると十分粉ミルクは溶けますので、まずは3分の2の温水を入れてください。

2.粉ミルクを溶かす

哺乳瓶に乳首を付けて、よく振って粉ミルクを溶かしてください。

哺乳瓶が熱くなっているので、火傷に注意してくだいね。

タオルなどを巻いて振ると良いと思います。

3.冷水を入れる

粉ミルクが溶けたら、3分の1の冷水を入れます。

本来は粉ミルクに冷水を入れることはできませんが、粉ミルクの殺菌は先程の温水でできていますし、水自体がほぼ無菌のためピュアウォーターを直接入れることができます。

熱いミルクを常温まで冷ます手間も省けますね。

・ウォーターサーバーを使ったミルク作りの注意点

ウォーターサーバーの水はミネラル分に気をつければ、ほぼ無菌で不純物が取り除かれた安全な水です。

しかしウォーターサーバー本体部分は使い続けるため、掃除を怠ると配管やコックの穴に細菌が発生してしまいます。

本体が汚れると、出てくる水に細菌が含まれてしまうので、ボトルの差込口やコックの穴などを定期的に掃除して清潔を保つことが大切です。

ウォーターサーバーメーカーの中には、定期的にメンテナンスを行ってくれるところもあります。

メンテナンスのしやすさもウォーターサーバーを選ぶ上で重要なポイントですね。

ぜひウォーターサーバーを活用し、調乳の手間を減らしましょう。

Ruby feeds herself / danoxster

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。