赤ちゃん連れの温泉旅行!泉質と温度に気を付けよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



baby bath

赤ちゃんを温泉に入れようとすると、不特定多数の人が入るので感染症が心配になったり、肌の弱い赤ちゃんには温泉の泉質は大丈夫だろうかと心配になりますね。

温泉デビューさせる時期はママの考え方によってバラつきがありますが、泉質やお風呂に入る時の注意点を守ることで少し早く一緒に温泉に連れていけるかもしれません。

今回は、赤ちゃんにあった泉質や注意点について紹介します。

・赤ちゃんにおすすめの泉質

赤ちゃんの肌は弱いため、酸度・アルカリ度の強い温泉への入浴は危険です。

それ以外でしたら問題なく入浴できますが、心配であればあがる前にかけ湯などをして流してあげましょう。

それでも心配なママは、自分でも刺激が強そう、濃そうだと思う温泉は避け、低刺激の温泉を選んであげると良いですね。

温泉に含まれる成分が一定量に達しておらず泉質名が付けられていない単純温泉は、肌への刺激が少ないため肌の抵抗力が弱い人でも入れる温泉です。

元々皮膚疾患がある赤ちゃんの場合は、事前に医師に確認するようにしましょう。

・温泉に入れる時の注意点

赤ちゃんを温泉に入れる時に気にしやすいのは泉質ですが、それ以上に気にする必要があるのは温度です。

赤ちゃんの入浴に適した温度は37℃から40℃で、42℃になると赤ちゃんにとっては熱く肌がすぐに赤くなってしまうので気をつけましょう。

源泉掛け流しは場所や季節によって温度が変わるので、温泉施設に問い合わせると良いと思います。

だからといって、ぬるめのお湯に長く浸かるとすぐにのぼせてしまうので長時間の入浴は避けましょう。

赤ちゃんを抱っこして入浴すると、滑りやすいですし足元が見えにくいので気をつけましょう。

おむつをしている赤ちゃんの入浴を断る施設があるくらいですから、湯船に入る前にお尻をしっかり洗い流したり、入浴前に排泄を済ませるようにすると安心です。

とにかく清潔を心掛けましょう。

このようなことを考えると、温泉とはいっても家族風呂などがおすすめです。

自分達で水を足し温度調節ができたり、もしおしっこを漏らしてしまっても周囲に迷惑をかけることがありません。

また、赤ちゃんがぐずったり寝ている場合は無理をせず、パパとママで交代して温泉に行き赤ちゃんとお部屋で過ごしてあげてくださいね。

baby bath / jared

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。