はちみつの危険性!乳児ボツリヌス症という病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Everett

離乳食が始まり、赤ちゃんに与えるものには気を使うと思います。

積極的に食べさせた方が良い食品もありますし、中には食べさせてはいけない食品もあります。

赤ちゃんにはちみつは与えてはいけないということを聞いたことのある方も多いと思います。

では、なぜいけないのでしょう。

今回ははちみつをいつからならば与えてよいのかをご紹介します。

・はちみつに含まれているボツリヌス菌

はちみつにはボツリヌス菌というものが含まれていて、はちみつの容器にも赤ちゃんにはちみつを与えないでくださいと明記され、母子手帳に書かれている場合もあります。

はちみつを食べることで引き起こされる危険性を考慮し、1987年に当時の厚生省が1歳未満の乳児にはちみつを与えないよう指導しました。

ボツリヌス菌はとても強力なボツリヌス毒素を産生し、重篤な場合には死ぬこともある危険な食中毒です。

・なぜはちみつなのか

はちみつは殺菌を行わない自然の食品で、蜂が蜜を集める際にボツリヌス毒素を土壌から集めてしまうことがあります。

本来殺菌すればほとんどの菌は死ぬのですが、殺菌しないはちみつにはボツリヌス菌が発生してしまうことが稀にあります。

重篤な場合死に至るはちみつですが、大人は大丈夫なのでしょうか。

実はボツリヌス菌は大人の腸内では繁殖できません。

食品中に大量に含まれている場合は危険ですが、はちみつに大量に含まれてしまうことはあまりありません。

しかし1歳未満の赤ちゃんは腸内細菌叢が未発達で、大人と違い腸内でボツリヌス菌が繁殖し、乳児ボツリヌス症となってしまうのです。

症状としては、便秘、哺乳力の低下、よだれが増えるなどありますが、重篤だと死に至るほど危険な食中毒です。

どうしてもはちみつを使用する際には、メープルシロップなど加熱殺菌してあるものを選ぶと安心ですね。

はちみつは栄養価も高く甘いので赤ちゃんも好むと思いますが、リスクが高いので使用しないように心がけましょう。

赤ちゃんの安全を守るためにも、1歳を過ぎるまでははちみつを使用しないように注意しましょう。

似たものでも、メープルシロップやテンサイ糖には危険がないので、そちらを使用するようにするとよいでしょう。


Everett / Kevitivity

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。