秋冬に必須のアイテム!ねんね期の赤ちゃんの着せ方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Fall into the Couch

季節は秋になり、肌寒いと感じる日が日に日に増えてきましたね。

朝晩の気温差が気になる秋と、寒さ対策が必要な冬に赤ちゃんには何を着せたら良いのでしょうか。

ねんね期の赤ちゃんは体温調節がしやすく、着脱しやすいアイテムを選ぶのがポイントです。

今回はねんね期の赤ちゃんの着こなしを紹介します。

・秋冬に必要なアイテム

肌着

保湿や吸汗に優れた肌着は秋冬に欠かせないアイテムです。

肌に優しいコットン素材で、半袖の短肌着やコンビ肌着が基本ですが、寒い日は長袖にしても良いですね。

ボディスーツは前開きタイプを選ぶと脱ぎ着させやすいです。

ウエア

肌着の上から着せるウエアで、ねんね期に活躍するアイテムはガバーオールです。

少し厚手で柔らかい素材を選ぶと良いですね。

月齢が低い赤ちゃんなら、ツーウェイオールも便利です。

寒くなってきたら、肌着とウエアにプラスしてはおりものを着せましょう。

薄手のニットカーディガンや中綿やボアのベストは脱ぎ着させやすいですし体温調節がしやすくて重宝します。

リバーシブルタイプのベストがあると、コーデの幅が広がります。

アウター

冬のお出かけには厚手の防寒アウターが必須です。

抱っこ紐の上からでもさっと羽織れるポンチョや、手や足までカバーして防寒できベビーカーの移動にも使いやすいジャンプスーツがおすすめです。

小物

赤ちゃんの頭から熱が逃げてしまうため、寒い日のお出かけは帽子をかぶせましょう。

足の冷え対策は靴下やレッグウォーマーが便利です。

ねんね期の赤ちゃんは足をよく動かして脱げてしまうので、ロングソックスにすると良いです。

真冬のお出かけには厚手のブーティーもおすすめです。

・気温別の着せ方

日中:18℃前後 朝晩:15℃前後

室内で過ごすなら、半袖の肌着+ウエアで大丈夫です。

外に出る時はベストやカーディガンを重ねましょう。

室内でも外出でも基本裸足で過ごし、どうしても外出時に冷えている場合は靴下をはかせましょう。

素材はコットンで、柔らかくて軽めのものが良いです。

赤ちゃんの体温は高いので、急に厚着をさせても背中や脇が汗ばみます。

顔が赤いと着せすぎなので、はおりもので調節しましょうね。

日中:13℃前後 朝晩:9℃前後

気温が低くなってきているので、日中と朝晩の気温差が気になり始めます。

冷え込むなら短肌着+長肌着、短肌着+コンビ肌着など肌着を重ね着しましょう。

ウエアを少し厚手のものに替えても良いですが、動きやすい素材にしましょうね。

外出時は上着や靴下をしたり、首元の寒さを防ぐためにスタイも効果的です。

日中:8℃前後 朝晩:5℃前後

室内も寒くなってくる時期は、ベストやカーディガンで背中やお腹周りを温めましょう。

しかし暖房を使う時期は着せすぎに注意が必要です。

外出はジャンプスーツなどですっぽりカバーできるタイプを取り入れると便利です。

抱っこで移動する時は汗ばむので、少し薄手でも良いですね。

Fall into the Couch / donnierayjones

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。