赤ちゃんの髪のトラブル!将来髪質は遺伝するの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Dreams are made winding through my head

生まれた時の赤ちゃんの髪の毛を見ると、ほとんどないように見える薄い赤ちゃんもいれば、生まれた時からふさふさという赤ちゃんもいます。

毛根の数には個人差がありますが、実は出生から大人になるまで数は変わりません。

赤ちゃんの髪の毛はとても細いので、ある程度量があっても薄く見えることが多いのです。

今回は赤ちゃんの髪の毛の変化について紹介します。

・髪の毛の変化

0ヶ月から2ヶ月

大人も髪の毛の量や髪質が違うように、赤ちゃんも量や質には個人差があります。

生まれた時は髪の毛が細く柔らかいことが多いので、一般的には薄く見えるでしょう。

3ヶ月から5ヶ月

首がすわるまでの赤ちゃんは1日の大半を寝て過ごし、首がすわった後は寝ながら自分で首の向きを変えられるようになるので、後頭部の髪の毛が床や寝具にこすれてしまい部分的に髪の毛が薄くなります。

ただし一時的なものなので心配ありません。

6ヶ月から11ヶ月

前髪だけが伸びて後ろがなかなか生えてこなかったり、頭頂部は薄いのに側頭部の髪の毛ばかり伸びたりと、個人差が大きくなる頃です。

1歳から1歳5ヶ月

太い髪の毛が増えてくる時期で、濃く見えるようになる子どもが多くなります。

伸びるのが早い子は、初めての散髪をするのがこの時期です。

1歳6ヶ月から2歳

太い髪の毛が生えそろい、赤ちゃんの薄毛に悩むママがほぼいなくなります。

女の子は髪を結べるくらい長くなっている子もいますよ。

・髪質は遺伝する?

髪質は隔世遺伝するといいますが、遺伝だけではなく環境や生活習慣など複数の要因が合わさって決まっていきます。

現在薄いからといって将来薄くなるとは限らないということです。

くせ毛などの髪質が定まってくるのは小学校高学年頃です。

今の髪質を見て心配しすぎなくて大丈夫ですよ。

また、最初に生えてきた髪の毛を剃ると丈夫な髪の毛になるという話もありますが、剃った後に生えてくる毛先の断面が太いため、髪の毛が濃くなったように見えるだけです。

丈夫になるわけではないので、剃る必要はないのです。

成長とともに髪の毛は変化していきますので、一時的なものと考えるようにしましょうね。

Dreams are made winding through my head / Mateus Lunardi Dutra

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。