子どもの成長を願う!1歳までに行うべき行事は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



タイトルなし

赤ちゃんが誕生することは何より嬉しいことで、1番の行事と言えるでしょう。

産まれてから1年間は赤ちゃんに関連した行事は多いですが、知らないといつの間にか終わってしまうことにもなりかねません。

赤ちゃんの成長を喜んだり、今後の成長を願う大切な行事ですのでぜひママには知っておいて欲しいと思います。

一体どんな行事があるのか、今回は行事の内容や時期をご紹介します。

・お七夜

昔は今ほど医療技術も発達しておらず、生後間もなく亡くなる赤ちゃんも多く、生後7日にしてようやく人間になれると考えられていたようです。

お七夜で一般的に行われることは、命名書を神棚や床の間に飾ったり、赤ちゃんの写真を撮ったり、手形や足形をとったりします。

現在では、ママの退院日がこの時期だったり母子の体調を考えて、盛大な赤ちゃんご披露をするところは少ない様です。

・お宮参り

お宮参りは生後1か月くらいを目安に行います。

一般的には、男の子では生後31日目32日目、女の子では32日目から33日目が良いとされていますね。

時期によっては3か月程度ずらしたり、地域によって差がありますし、仏滅を避ける必要もありません。

絶対この日にする必要はなく、この日前後で天気が穏やかであり、ママと赤ちゃんの体調が良い日で問題ないのです。

昔は出産はけがれとされ、けがれた母親を祓う、土地神様と赤ちゃんが初めて会う対面式のような意味合いがあったとされています。

要するに、近くの神社への赤ちゃんが初参拝するといったところでしょうか。

細かいしきたりは地域によって違いますので、その土地の方に聞くのが1番です。

・お食い初め

生後100日に行うとされるお食い初めは、赤ちゃんが一生食べ物に困らないようにという願いが込められた行事です。

一般的に一汁三菜の祝い膳といって

1.鯛などの尾頭付きの焼き魚

2.赤飯

3.香の物

4.お吸い物

からなっています。

この食事は実際に食べさせるわけではありません。

時期的は離乳食を食べている時期ですので、実際は親が食べさせるふりをすることになります。

・初誕生日

現在では誕生日だけでなく、生後半年を祝うハーフバースデーというものもありますが、基本的には初誕生日が最初のお祝いになると思います。

パパやママだけではなく、祖父母も呼び盛大にお祝いしたいところですね。

この頃になると離乳食も順調に進んでいると思いますが、市販のケーキを赤ちゃんに食べさせるのはやめておきましょう。

糖分や脂質が共に高く、赤ちゃんにはちょっと早いです。

代わりに、ヨーグルトなどを利用して作るケーキや子ども用のバースデーケーキのキットも売っているので、そういったものを利用すると良いと思います。

また、日本は昔からケーキではなくお祝いごとは餅を使って祝ってきました。

「餅踏み(踏み餅)」「一升餅(一生餅)」「背負餅(しょいもち・せおいもち)」「立ち餅・立ったら餅」「転ばせ餅・転ばし餅・転び餅」などという餅をメインにした行事や「選び取り(将来占い)」などが行われる地域があります。

まだ歩き始めたばかりの赤ちゃんが餅を背負ったりしている姿はとてもかわいらしいですね。

この機会に、地域の風習を調べてみると良いと思います。

・日々の成長を見届けよう

1歳になるまではママも育児で大忙しですし、出来ることが人生のうちで1番増えるこの時期ですから、行事はついつい忘れてしまうかもしれません。

行事がなくても日々成長していく赤ちゃんですから、小さな成長を見逃さないように育児をしていきたいですね。

行事には子どもがすくすく育つ願いが込められているので、出来る限りのことはしてあげたいですね。

タイトルなし / titanium22

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。