便秘の原因とは?食事の改善やマッサージで解消しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



涙

乳児は体の成長に伴ってうんちにも変化が現れます。

今までゆるゆるうんちだったのが次第に固形になり回数が減ることで、ママは便秘かな?と心配になるようですね。

乳児の便秘はミルクや離乳食に関係が深く、月齢によって原因が異なります。

大人でもつらい便秘ですが、苦しんでいる乳児の赤ちゃんを放っておくことはできませんので、今回は乳児が便秘になる原因やその症状、そしていくつかの解消方法を紹介していきます。

・乳児の便秘はいつから

乳児が便秘になることは普通のことです。

なぜなら乳児は胃腸の発達がまだ途中で、うんちの回数や状態は変わりやすいからです。

それ故ママも惑わされやすいのですね。

例えば今まで1日に3回以上出ていたのに、ここ数日1回も出ていないとなれば、体調が悪いのではないかとか苦しんでいるのではないかと思いますね。

便秘で病院に連れて行きたいけれど、先生に怒られるのではないか、便秘くらいで病院に行っていいのかと迷うかもしれませんが、便秘で病院に行くことは普通のことで、浣腸してうんちを出してくれたり生活面でのアドバイスをもらえるので、便秘と判断したら病院を受診しましょう。

・便秘をどう判断するの?

便秘かどうかを判断するのは1日に出るうんちの回数ではなく、赤ちゃんの機嫌やうんちの状態で判断しなくてはなりません。

生後5ヶ月頃から離乳食がはじまり食生活が変化することで腸内細菌にも変化が起こり、体内でうんちをためられるようになるのでうんちの回数が減り、便秘をしていると思うかもしれませんが、これは便秘とは少し違います。

乳児期は腸が発達し、摂り入れる栄養が変化することで3日から5日うんちが出ないことは普通のことで、食欲があり機嫌が良いのであれば便秘を心配する必要はありません。

しかし、うんちを出そうとする時に苦しんで泣いたり、食欲がなかったり、お腹が張っていて出そうとしているけど出てこない時、小石のようにコロコロとしたうんちが出る時、1週間以上うんちが出ていない時、嘔吐や発熱がある時、うんちの色や様子がおかしいと思った時は病院に行きましょう。

・便秘が起きる原因

乳児の便秘は「何日出なければ便秘」という定義はなく、その乳児の体質によるもので5日くらい出ていなくても苦しそうにしていなければ心配いりません。

ではなぜ乳児に便秘が起きるのでしょうか。

以下の3つが乳児の便秘の原因とされていますので、1つずつ紹介していきます。

食事

授乳や離乳食を食べる時間や量が不規則なことで、食事パターンが崩れ便秘になります。

もう1つは水分不足が原因と言われています。

母乳やミルクを飲んでいると水分を摂り入れることができますが、離乳食が始まると母乳やミルクの飲む量が減りうんちの水分量が減るため、便秘が起こりやすくなります。

水分を意識して摂らなければ今までよりも水分不足になり、うんちが固くなり出づらくなります。

スープを飲ませたり、野菜を多くするなど食事から水分を摂れるように意識してみましょう。

麦茶や白湯などで水分をあげても良いですね。

運動不足

乳児はまだ自分で体を動かすことが少ないので、腸の動きが活発にならないために便秘になりやすくなります。

体を適度に動かしてあげることは腸の刺激につながり、排便を促してくれます。

おむつ替えをする時に足を意識的に動かしてあげると良いですね。

生活習慣

おむつかぶれがあったり慢性的な便秘で切れ痔になっていると、乳児の赤ちゃんは痛くていきむことを我慢してしまいます。

不意にうんちをした時にママが怒ったりすると、心理的にうんちを我慢してしまうこともありますので気をつけたいですね。

また、パパの帰りを待って就寝時間が遅くなったり、授乳や食事の時間がバラバラだと自律神経が乱れやすく排便の信号が伝わりづらくなってしまいます。

生活リズムを整えていくことが、排便リズムを作ることにつながります。

・母乳なのになぜ便秘になるの?

母乳を与えているママの知識として、母乳栄養の場合はうんちの回数が多くやわらかいので便秘になることは少ないと覚えていると思います。

母乳にはオリゴ糖という成分が含まれており腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やす役割をするため、母乳栄養で育つ乳児は人工のミルクで育つ乳児に比べて腸内環境が整っていて便秘になりにくいのです。

しかし、ママの無理なダイエットや食事の偏りによって母乳の質が落ち乳児が便秘になることがあります。

ママがお肉や乳製品ばかり摂ると母乳はドロドロにになり、母乳の質が落ちて乳児が飲むのを嫌がってしまいます。

ドロドロの母乳は吸う力が必要で、飲む時に汗をかき水分不足に繋がり、結果、うんちが固くなりなかなか押し出せなくなり便秘になってしまいます。

また、ミルクは1日に飲む適切な量がミルク缶に示されており、量を計って与えることができるため把握しやすいですが、母乳はどれくらい飲んでいるか把握することが難しいので、母乳が足りておらずカスとして出るうんちの量が足りないため便秘になります。

母乳をあげてもまだ欲しがり泣くようであれば、母乳だけにこだわらずミルクを補助的に使うことを検討すると良いですね。

ママの体が冷えると乳児の体も冷えて血行が悪くなり便秘になりやすくなります。

乳児が便秘している時、ママの食事は食物繊維を多めに摂るようにしたり、水分不足を補うために1日数回にわけて白湯や麦茶を飲ませるようにしましょう。

・乳児の便秘を解消する方法

紹介したように乳児の便秘は生活の中に原因がありますので、生活を少し変えてみると便秘が嘘のように改善することもありますよ。

綿棒を使った便秘の解消法

乳児がうんちをする時に顔を真っ赤にさせていたら、なんとか解決してあげたいですよね。

そんな時自宅でできる解消法として「綿棒浣腸」があります。

綿棒浣腸は即効性があり、綿棒の刺激ですぐにうんちが出ることもありますから、赤ちゃんの下におむつや新聞紙を引いてから始めるようにしましょう。

準備としては、赤ちゃん用の綿棒は細く固いので肛門や腸の粘膜を傷つける可能性があるため、大人用の綿棒を用意しそれをほぐして使うようにします。

ほぐした綿棒の先に、オイル(ワセリンやオリーブオイル、サラダ油でも代用可能)を必ずたっぷり付けて滑りをよくすることで、摩擦で嫌がることはありません。

準備ができたら肛門に綿棒を挿入しますが、授乳や食事の30分後くらいが1番腸が活発に動いていますので、その時間を見計らって始めましょう。

手順としては

  1. リラックスさせた状態で仰向けに寝かせて、足をしっかりと開きます
  2. 綿棒にたっぷりオイルを付けます
  3. 乳児の肛門に優しく綿棒を当てたら、円を描くようにゆっくりと挿入します
  4. 綿棒の頭が入ったら、円を描くようにくるくると綿棒をまわし、お腹をさすったり握ったりします
  5. 15秒から20秒位刺激したらゆっくりと綿棒を抜き、肛門を指の腹で抑えて再度刺激します

綿棒浣腸をしても出ない時は時間を開けて再度行っても構いませんので、便秘の苦しみから開放してあげましょうね。

綿棒浣腸は即効性があり便秘解消にはとても効果的ですが、毎日やりすぎるとそれが癖になってしまい浣腸しなければ出なくなってしまうこともありますので頻度には気をつけましょう。

砂糖水を使った便秘の解消法

乳児は自分で運動することができず腸も未発達であり、うんちを押し出すための腹筋もありません。

砂糖水を飲むことでうんちを柔らかくすることができ、便秘解消になります。

砂糖水の作り方は

  1. 60℃くらいの白湯を100ml哺乳瓶に入れる
  2. 5gの砂糖を1に入れて溶かす
  3. 人肌まで冷まして、1度に30mlから50ml与える

哺乳瓶で飲めない乳児にはスプーンやスポイトを使って与えると良いでね。

ほんのり甘い程度なので甘いものを欲しがっておっぱいを飲まなくなることはありませんが、便秘を予防しようと飲ませすぎるのは良くありませんので、乳児の様子をみながら与えましょう。

砂糖水の濃度が濃すぎると下痢になったり、腸内の善玉菌を増やしすぎてしまい体によくありませんので、一般的に5%の砂糖水が良いとされています。

のの字マッサージの方法

のの字マッサージはよく聞く方法で、お腹を刺激してあげることで腸の動きを活発にして便秘を解消する方法です。

お風呂あがりなど血行が良い時に行うと効果的で、ママの手のひらにベビーオイルやクリームをつけてお腹に手を置き、時計回りに「の」という字を書くように優しくマッサージします。

乳児が便秘している時はお腹がが張って苦しいかもしれませんので、満腹時は避け力を入れずにマッサージしましょう。

その他のマッサージとしては、手のひらをお腹に置き親指から小指まで順番に動かし、腸に刺激を与える方法があります。

ママが「いーち、にー」と数えながらやるとコミュニケーションになりますので、これを何度か繰り返してみましょう。

また、自転車をこぐように足を動かしてあげるのも効果的です。

マッサージは赤ちゃんとのコミュニケーションにつながりますので、おむつ交換の時やお風呂あがり、寝る前などゆったりとした気持ちでゆっくり優しく行うと良いですね。

マッサージは便秘解消だけでなく、便秘予防にもなりますので毎日取り入れることがおすすめです。

乳児も便秘になる可能性があり、大人と同じように苦しんでいても言葉でそれを訴えることができません。

日々のうんちをよく理解し、変化があるときはママの食事バランスや毎日のマッサージを心掛けて解消してあげてくださいね。

涙 / yoshimov

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。