生後5ヶ月で体重が増えない時と増えすぎた時の原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



DSC_7813 Photo by Al van Akker

生後1ヶ月の赤ちゃんは1日に約30g程度体重が増え、生まれた時に比べると1kg程度増加しているのが理想とされています。

その後3ヶ月になると生まれた時の体重の約2倍の体重になりますね。

生後5ヶ月になるとスローペースで増加していきますが、今までと比べて増加が少ないため心配になるママもいるのではないでしょうか。

今回は生後5ヶ月の体重と、体重が増えない原因や増えすぎる原因について紹介します。

・生後5ヶ月の体重

厚生労働省は発達曲線という発達の基準値を示したグラフを出しています。

母子健康手帳にも記載されていますね。

発達曲線は別名、パーセンタイルグラフともいいます。

発達曲線によると、生後5ヶ月の赤ちゃんは、男の子が身長約62㎝から69㎝、体重は約5.9kgから9kg、女の子が身長約58㎝から68㎝、体重約5.5kgから8.4kgとなってます。

生後1ヶ月から3ヶ月は1日約30g増加しますが、生後5ヶ月は1日あたり15gくらいなので、体重の増加が緩やかになります。

発達曲線はあくまでも参考数値であり、この中に収まっていないと問題があるというわけではありません。

赤ちゃんが元気で健康であれば、枠内に入っていなくても心配する必要はありません。

よく動く子、よく飲む子もいれば、大人しい子、少食の子もいるので個人差があって当然です。

・生後5ヶ月で体重が増えないのはなぜ?

体重増加の目安は、4ヶ月以降の赤ちゃんは1日15g程度増えることが理想です。

しかし、母乳やミルクが不足していて体重が増えないことがあります。

また、生後5ヶ月は離乳食が始まり、慣れない離乳食を嫌がったりすることで体重が増えないのかもしれませんね。

それに加えて、生後5ヶ月になると寝返りなどの運動量が増える時期でもありますし、身長の伸びが著しい時期でもあることなど、さまざまなことが重なって体重が増えていないのかもしれません。

生後5ヶ月になると個人差が大きくなってくるので心配かもしれませんが、顔色がよく機嫌が良いならあまり心配はいりませんよ。

しかし、顔色や具合が悪い場合、食欲がない日が続く場合はかかりつけ医や保健師さんに相談しましょう。

・体重が増えない時の対策

母乳やミルク

体重の増加があまりないようであれば、1番最初に母乳やミルクのあげ方を見直す必要があります。

母乳の場合授乳間隔が短いと足りていない可能性がありますね。

遊び飲みをして満腹になるまで飲めていないこともあるので、赤ちゃんの様子を見ながらゆっくり時間をかけて母乳やミルクを与えてみましょう。

あまりにも増えない時は、ミルクを足すことも考えてみると良いと思います。

離乳食

離乳食に慣れていなかったり、味を嫌がって食欲が減っている可能性や、消化できていないことが考えられます。

離乳食を本当に始められる状態かを見直し、無理に離乳食を進めないようにしましょうね。

様子を見ながら母乳やミルクと併用することで、体重が伸びてくるはずです。

また、離乳食に慣れてくると次第に体重も増えるので、焦らずに見守りましょう。

排泄

うんちやおしっこの回数は授乳量や離乳食、運動量によって変わってきますが、これまで固形物を食べていなかった赤ちゃんが離乳食初期に陥りやすいのは便秘です。

しかしあまりにもゆるいうんちだったり、下痢をしているならウイルス性胃腸炎の可能性があるので病院に行きましょう。

・生後5ヶ月で体重が増えすぎる原因

発達曲線からはみ出ていると太りすぎを心配するかもしれません。

特にミルクをあげているママは体重増加が多いので不安に思うようですが、母乳だから太らないというわけでもありません。

母乳のママは、ママが甘いものや脂っこいものを食べると母乳に反映されますし、ミルクのママは、規定量や回数を守らずあげている場合は、赤ちゃんが太ってしまう原因になります。

また、授乳間隔が定まらず飲ませていると肥満の原因になりますので、飲ませる時間を決めて授乳間隔が空くようにしてみましょう。

もし体重が増えすぎてしまった場合は、日常生活を見直す必要があります。

生後5ヶ月は満腹中枢が整い母乳やミルクの間隔が空いてくるので、間隔をしっかり決めましょう。

1日4回から5回の授乳が目安ですが、離乳食の進み具合によって減ってくると思います。

離乳食は薄味を心がけて、果物やイモ類、水やお茶などヘルシーなものを与えましょう。

生後5ヶ月は寝返り等で運動量が増える時期なので、あまり肥満を気にする必要はありませんが、気になる場合は見直してみると良いですね。

DSC_7813 Photo by Al van Akker / Mothering Touch

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。