生後5ヶ月の授乳間隔はどれくらい?間隔があかない理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Nursing

母乳やミルクで栄養を摂っていた赤ちゃんは、生後5ヶ月くらいになると離乳食が始まり固形物から栄養を摂るようになりますね。

母乳やミルクをあげている時間は、赤ちゃんとのスキンシップになり幸せなひとときだと思います。

しかし「いつまで母乳やミルクをあげたらいいの?」と悩むママは多いようです。

今回は生後5ヶ月の母乳やミルクの授乳間隔について紹介します。

・生後5ヶ月の授乳間隔

母乳

生後5ヶ月の赤ちゃんは、1日5回から6回の授乳が目安で、授乳間隔は4時間おきくらいになります。

1回の哺乳量が増えるので、これまでと違って間隔が空きますね。

また、夜もまとまって寝るようになるので授乳間隔が空くと思います。

離乳食が始まったら、1回の授乳を離乳食に替えてみましょう。

最初の頃は離乳食に慣れないので、食後に赤ちゃんが欲しがるだけ母乳をあげましょう。

栄養面では、離乳食中期から後期には食事で十分な栄養を摂取できるようになり、母乳は精神安定剤になります。

離乳食が1日3回しっかりと食べられるようになったら母乳はやめても構いません。

あくまでも目安なので、離乳食が増えていくのと並行して授乳回数を少なくすることで、母乳の量も減ってきます。

無理に減らす必要はなく、ママと赤ちゃんのペースで進めていきましょう。

ミルク

生後5ヶ月の赤ちゃんがミルクを飲んでいる場合、パッケージに書かれている量と授乳間隔を守りましょう。

生後5ヶ月なら4時間ごと、1回あたり200mlから220mlで、1日4回から5回と書かれていると思います。

母乳に比べて腹持ちが良いため授乳間隔が少し長いと思います。

離乳食を始める場合は、どこか1回のミルクを離乳食にしましょう。

離乳食に慣れるまではなかなか食べてくれないかもしれませんが、栄養はミルクから十分に摂れてていますので心配はいりませんよ。

生後5ヶ月なら、離乳食後に赤ちゃんが欲しがるだけミルクを飲ませてあげましょう。

・授乳間隔が定まらない原因

生後5ヶ月の赤ちゃんは、飲む力が付いて1回の哺乳量が増えるため、授乳時間や授乳間隔がほぼ定まってくるころです。

しっかり飲めていれば1回の授乳間隔も短時間ですし、間隔も4時間くらいになるはずです。

しかし授乳時間が短時間なのに、間隔があかずに飲みたがる場合は授乳量が足りていないことが考えられます。

授乳量を足したり、母乳の出が少ない場合は離乳食を開始して栄養を補いましょう。

逆に1回の授乳に30分以上かかるという場合は、最初の15分くらいで勢い良く飲みその後は遊んでしまう「遊び飲み」をしている可能性があります。

ある程度の授乳時間で切り上げてみましょう。

・生後5ヶ月の夜間の授乳

生後5ヶ月になると夜もまとまって寝るようになり、6時間から8時間続けて寝てくれる赤ちゃんもいると思います。

そのため夜中の授乳も、定まった時間に1回くらいで済むようになることでしょう。

しかし個人差があり、母乳育児の場合は断乳や卒乳まで夜間の授乳が続くこともあります。

夜泣きも始まる頃なので何度も目を覚ますかもしれませんが、お腹が空いているのとは別の理由で泣いているので何度も母乳を与える必要はありません。

離乳食が2回になると夜中の授乳は必要なくなりますので、母乳とは違う方法で安心させてあげると夜中の授乳が減ってママも楽になると思います。

初めての育児でわからないことだらけだと思いますが、基本的には赤ちゃんの機嫌がよく、おしっこやうんちがいつもどおり出ていれば心配ありませんよ。

あまり神経質になりすぎず、今だけの授乳時間をたのしんでくださいね。

ursing / moppet65535

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。