赤ちゃんの入浴は準備が大切!温度の設定がカギ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Bath Time

生後2ヶ月から3ヶ月まではベビーバスに入れるママも多いですが、1ヶ月健診を終えて何も問題がなければ、いよいよ自宅のお風呂デビューができます。

お風呂に入ることは、体を清潔に保つことはもちろん、生活リズムを整えるために大切です。

睡眠時間も考えると、毎日7時にお風呂に入ることが理想ですね。

今回は赤ちゃんをお風呂に入れるやり方や、お風呂に入った時に解決できる皮膚トラブルについて紹介していきます。

・お風呂の入れ方

準備

赤ちゃんをお風呂に入れる上で1番大切なことは準備です。

準備がしっかりできていない状態でお風呂に入ると風邪を引いてしまいますので、脱衣所の環境作りから準備を入念に行いましょう。

まずは、リビングや脱衣所を温めるところから始まります。

場所によって温度が違うと風邪を引きますので、極端な温度差がないようにお部屋を温めておくと安心です。

脱衣所には赤ちゃんを寝せておく場所を作り、クッションやバスタオルを何枚か重ねて置き、その上に着替え、おむつ、体を拭くバスタオルを重ねて置きます。

着替えはボタンや紐を解き、重ね着する服の袖を通しておくとすぐに着せることができます。

あとはママの着替えとバスタオルを用意しますが、バスローブなどを羽織ると赤ちゃんを待たせることなくスムーズに着替えさせることができますね。

ママがお風呂に入る

脱衣所に置いたクッションやバスタオルの上に夏場はおむつ1枚、冬場は服を着せた状態で赤ちゃんを寝かせて、まずはママの体や髪を洗います。

扉を少し開けておくとママの顔が見えて赤ちゃんが安心します。

シャワーを出したり、浴槽の蓋を開けて浴室を暖めておくと、赤ちゃんが入浴した時に体が冷えなくてすみます。

赤ちゃんを抱っこして洗う

ママが洗い終わったら、赤ちゃんのおむつや服を脱がせて首をしっかり支えてママの太ももの上に仰向けに寝かせます。

石鹸を泡立てるより泡で出てくるタイプのベビーソープを使うと便利で、スポンジは使わずママの手かガーゼを使って優しく洗ってあげましょう。

頭→顔→首→お腹→手足→背中の順番に洗うとスムーズに洗えます。

表面を洗い終えたらうつ伏せにして洗う方法もありますが、ママの太ももと赤ちゃんの背中の間に手を差し入れて背中やお尻を洗ってあげる方法は、赤ちゃんもママの顔が見えなくならず安心ですね。

石鹸を洗い流す時は浴槽のお湯ではなく、蛇口やシャワーから出るお湯で洗い流し清潔な肌を保ってあげましょう。

もし抱っこしたまま洗うのが難しければ、お風呂マットを敷きその上に寝かせて洗うと良いですよ。

赤ちゃんと一緒にお風呂に浸かる

追い焚きにすると赤ちゃんが熱さに驚いてしまいますので、夏場は38℃から39℃、冬場は40℃くらいのお湯にして、赤ちゃんを優しく縦抱きしゆっくりと浸かっていきましょう。

湯船に使っている間は、裸同士で赤ちゃんとのコミュニケーションをたっぷり取れる最高の時間です。

全身をまんべんなく触ってあげると赤ちゃんは喜びますし、毎日繰り返すことで小さな変化にも気付くことができます。

赤ちゃんはのぼせやすいので湯船には2分から3分で、全体の入浴時間は10分から15分を目安にすると良いですね。

赤ちゃんを着替えさせる

脱衣所に用意しておいたバスタオルの上に赤ちゃんを寝かせて素早く拭きます。

スキンケアをした後に服を着せてあげましょう。

パパの協力

パパがいる日はお風呂を任せたり、分担して行うとママもゆっくりとお風呂に入れると思います。

パパも初めてお風呂に入れるのはドキドキで緊張すると思いますが、2人でどんな入れ方が自分達に合っているか相談しながら進めていくと良いですね。

パパがいない日は、赤ちゃんのお昼寝中に先にママがお風呂に入ってしまうのも1つの方法ですよ。

・お風呂は毎日入れる?

一見汗をかいていないように見える赤ちゃんですが、新陳代謝が活発で汗をたくさんかいています。

毎日の汗を洗い流すためにも毎日お風呂に入ることが大切です。

夏場は2回入れることもありますし、ずりばいやハイハイするようになれば家中動き回りますので、知らないうちに汚れていることもありますね。

2回入れる時は、赤ちゃんの肌を刺激し過ぎないよう夜だけベビーソープを使うようにすると良いです。

デリケートな赤ちゃんの肌を守るためにも、毎日お風呂に入りましょう。

・お風呂上がりにだけ湿疹が出る?

お風呂からあがると湿疹が出る赤ちゃんがいますが、これは温度が原因なのです。

温まり血行が良くなる

赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚に比べて半分しかなく、とてもデリケートです。

そのため、体が温まり血行が良くなることで元々あった湿疹や炎症が目立ち、お風呂上がりにだけ痒みがない湿疹が出てくるようです。

寒冷蕁麻疹

寒い状態から急に暖かくなるとでる蕁麻疹なので、脱衣場やリビング、浴室の温度差をなくすことで防げます。

あまりにも痒がるようであれば、病院で薬を処方してもらいましょう。

・スキンケアの方法

新生児の時は、頭皮にしみでた皮脂が黄色くかさぶたのようになります。

かさぶたが少ない時はシャンプーだけで良くなりますが、多い時はオリーブ油を塗ってかさぶたを浮かせて洗い流すようにしましょう。

ほっぺに湿疹が出た時は、新生児ニキビかもしれません。

新生児は皮脂の分泌が多いためニキビがでますが、石鹸で綺麗に洗ってあげると治まります。

4ヶ月頃を過ぎると皮脂の分泌量は減りニキビは消えますが、逆に乾燥してきますので肌がカサカサしてきます。

入浴後にしっかりと保湿ケアをしてあげましょう。

Bath Time / deanwissing

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。