パパ見知りが始まる原因と解消方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



baby collaboration

パパが赤ちゃんを抱っこして、それまでご機嫌だったのに急に激しく泣き出すことはありませんか?それはもしかしたら、パパ見知りかもしれません。

パパは赤ちゃんに嫌われているのではないかとショックを受けてしまうかもしれませんし、ママはパパにお世話をお願いできなくなるため大変だと感じることもあるでしょう。

そのパパ見知りには解決法はあるのでしょうか。

パパ見知りとはどんな状態?

よく赤ちゃんは人見知りをするといいますが、それがパパに対して人見知りすることをパパ見知りといいます。

ある日を堺に、突然パパが抱っこしたりお世話をしようとすると号泣し、手がつけられなくなることもあります。ママの元へ行くと、ケロッと泣き止むこともありますね。

しかし、パパ見知りは赤ちゃんによって差があり、全く表れない赤ちゃんもいます。また、特定のお世話のみを嫌がる場合や、お世話全般を嫌がったり、抱っこを嫌がる赤ちゃんなど様々です。

パパ見知りはいつから?

人見知りは赤ちゃんがママとそれ以外の人が区別できるようになった時期から始まることが多いため、生後6ヶ月から7ヶ月に始まるのが一般的だといわれています。パパ見知りも同様の時期ですが、赤ちゃんによっては生後3ヶ月から始まることもあれば、1歳を過ぎてから始まる場合もあります。

いつまで続くかも個人差があり、始まった時期にもよりますが2歳頃までになくなることがほとんどです。数ヶ月でおさまる赤ちゃんもいれば、1度パパ見知りがおさまっても月齢を重ねて再びパパ見知りすることもあります。

パパ見知りの原因

赤ちゃんがパパ見知りするのは、ママの存在をしっかりと意識できるようになっている証拠です。

なぜなら、赤ちゃんはママのお腹の中で約10ヶ月を過ごし、生まれてからのお世話はママがメインで赤ちゃんに関わるはずです。そのため、目はあまり見えていないにも関わらず、声やにおい、気配だけでママの存在を意識し、密接な関係を築いていくため、ママ以外の人を怖がるようになるのです。

決してパパが嫌いなわけではなく、ママでなければ落ち着かない、納得できないといった状態なのです。つまり、ママとママ以外の人を区別できるということは、ママとの信頼関係がしっかりできている証拠でもあり、パパ見知りは赤ちゃんの成長過程といえるのです。

パパ見知りの解消法

パパ見知りの原因はママの側にいて安心感を得たいということですが、パパも安心できる存在だとわかれば、赤ちゃんのパパ見知りは解消されるはずです。最初は号泣するかもしれませんが、めげずにお世話してみましょう。

泣かれても優しく語りかけながら、笑顔で赤ちゃんに接するようにしましょう。ママは、頑張ってお世話をしているパパを励ましてあげましょうね。

また、パパとママが仲良くすることも大切です。赤ちゃんはママが大好きで、ママがパパとどうやって接しているかを観察しています。ママが心を許している相手がパパだとわかれば、赤ちゃんも安心してくれますよ。

 

baby collaboration / iandeth

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。