ハイハイはさせるべき?得られる発達や能力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Crawling for a leaf

赤ちゃんのわかりやすい成長の1つとして「ハイハイ」があります。

四つん這いになって必死に前へ進もうとする姿はとても可愛らしいですね。

ハイハイはこれから先の成長をしていく上で必要な筋肉やバランス感覚を身につけるので、とても重要な行動の1つです。

成長には個人差がありハイハイを始める時期はバラバラですが、行動範囲が広がるためママも大変になりますね。

今回は赤ちゃんのハイハイについて詳しく紹介します。

・ハイハイは自我の芽生え

赤ちゃんのハイハイは床を這って移動することを言いますが、ハイハイでも2つの種類に分けられます。

1つは「ずり這い」と言いほふく前進のように体を引きずってハイハイしますが、大抵の赤ちゃんはこのずり這いからハイハイが始まります。

2つ目は四つん這いになって手と膝を使ってするハイハイで、ずり這いの次の段階がこの方法です。

ハイハイと言うのは、赤ちゃんが動きたいとか、物を取りたい、触りたいという自我の芽生えであり、ハイハイをすることで全身の筋肉が鍛えられ脳の発達も促す効果があります。

・ハイハイはいつから?

多くの赤ちゃんは生後7ヶ月から8ヶ月でハイハイを始めます。

ハイハイを始めると背骨や背骨に沿った体幹がしっかりしてきて姿勢を一定の形に保つことができるようになるので、自力で座ることができるようになる時期でもあります。

背骨がしっかりしてくると、足や腰の筋肉が発達するので赤ちゃんはより活発に動き出します。

1歳までの赤ちゃんはさまざまな成長をしていきますが、どれも前の段階の成長を遂げてから次の成長が現れることが多いため個人差が大きいのです。

寝返りをうち目線が変わり、おすわりが上手になって、目標物を見つけてずり這いからハイハイになるというのが正しい順序です。

ハイハイは首が座り寝返りを打てるようになってから起こる成長なので、赤ちゃんによっては5ヶ月から始まる赤ちゃんもいれば、11ヶ月から始まる赤ちゃんもいます。

早くてもゆっくりでも、それぞれの成長のペースで段階を追って成長していきますので心配いりません。

・ハイハイはさせた方が良い?

赤ちゃんの歩く姿というのはママからすると感動的な瞬間だと思います。

歩くのを早く見たいからといって、体の準備が整っていないまま立たせようとしていませんか。

確かに四つん這いのハイハイをせず、ずり這いの状態からある日突然立ち上がる赤ちゃんもいるので必ずしなければならないものではありませんが、様々な経験をしておくことに越したことはありませんよね。

ハイハイをすることで筋肉が鍛えられ、体の土台である骨盤を安定させる効果があるので体のバランス感覚が飛躍的に伸びていきます。

体のバランス感覚を身につける他に、柔軟な筋肉と運動機能が養われ、反射神経の発達や、手や足の指を動かすことで脳の発達が期待できます。

また、ハイハイをして自分で行動できるようになった赤ちゃんは、自分と対象物の距離感を掴む能力や、好奇心、周囲の環境を把握する能力、そしてチャレンジ心が養われていきます。

無理強いしてハイハイさせるのではなく、ママも一緒になってハイハイすることで自然にハイハイを促すことができますよ。

実際にママがハイハイをしてみると予想以上に筋肉を使いますので、産後ダイエットにも繋がると言われています。

ハイハイには沢山のメリットがありますので、まだハイハイしないからと否定的にならずにハイハイするよう促して上げると良いですね。

・ハイハイの基準

ハイハイと聞くと四つん這いになって移動する姿を思い浮かべると思いますが、ハイハイというのは赤ちゃんがお腹を床から離して自発的に両手両足を使って移動する行為です。

「ハイハイはこうでなければならない」という基準はありません。

おすわりしたままお尻をすって移動したり、お尻をぴょんと跳ねるように移動したり、カエルのように両手を床につけ足で床を蹴って飛び跳ねて移動したり、膝を床に付けず両手両足を床に付けお腹を床から離して移動するなどもハイハイになります。

ハイハイの時の動きが左右の手足で差があったり、片方の足が動かず前へ進めないことがあっても発達障がいを心配する必要はありません。

赤ちゃんの脳や身体機能は左右同時に発達が進むわけではないので様子を見守りましょうね。

・ハイハイを始めたら

ハイハイを始めるということは行動範囲が広がり危険が増えるということです。

行動範囲の中や手を伸ばすと届く位置に危険がないかチェックしましょう。

大人目線で気づきにくい危険が潜んでいるかもしれませんので、赤ちゃんと同じハイハイの高さになって周囲を確認してみるとわかりやすいと思います。

赤ちゃんはハイハイすることで、今までの世界から30㎝高い世界が広がります。

この高さは埃やゴミが舞いやすい高さですので、ハイハイする時期はこまめに掃除するよう心がけると良いと思います。


Crawling for a leaf / quinn.anya

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。