赤ちゃんの手足が冷たい時の対処法とは?靴下やミトンの使用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Baby

赤ちゃんが寝ている時、気づくと手が布団から出て冷たくなっていることはありませんか?

触ってみるととてもひんやりしていて心配になりますね。

赤ちゃんは寝ている時たくさん動くので、何度布団をかけても布団からはみ出してしまいます。

寒さを心配して室温をあげるママもいますが、どのように対策していくとよいのでしょうか。

今回は赤ちゃんの手が冷たくなる理由について紹介していきます。

・なぜ赤ちゃんの手が冷たくなるの?

一番最初にお伝えしたいことは、手が冷たいからと言って赤ちゃんが寒がっているわけではないということです。

赤ちゃんは体温調節する機能が未発達なので、気温に合わせて体温も上がったり下ったりします。

それを調節するために手足を冷たくして体温保とうとしているのです。

手足が冷たくて体温調節できるのかと疑問に思うかもしれませんが、手足を冷やすことで赤ちゃんは体の中心に熱を集め逃がさないようにしています。

布団から手足を出して冷えることで末端の毛細血管が収縮し、手足に暖かい血流があまり流れず、その分体の中心に暖かさが集まるので、体温が下がりにくくなります。

・ミトンや靴下は止めましょう

手足が冷たいと、ママはどうしてもミトンや靴下をはかせたくなりますね。

手を覆ってしまうことで体温調節がうまくできなくなり、冷え性の原因になるとも言われているのであえて温めることはしなくて大丈夫です。

靴下は基本は自宅では履かず、秋から冬にかけての外出時に使うようにしましょう。

ミトンは主に、顔を引っ掻いたり、薬を塗った時に触らないようにするためのものです。

靴下やミトンをはくことで、体温調節を阻害するだけではなく感覚器官の発達を阻害してしまうので、できるだけ避けた方が良いと思います。

・手が冷たい時の対処法

手が冷たい時、体も冷たいか確認してみましょう。

赤ちゃんの体の中心が温かければ、手が冷たくても寒さを感じていないので心配ありません。

汗をかいている時は、こまめに汗を拭き体温調節がめまぐるしく起きないようにしてあげましょう。

体温が上がると汗を出して体温を下げようとしますが、これが頻繁に繰り返されると血行不良を起こして手が冷たくなっているのかもしれません。

衣服の枚数を減らしたり、布団の枚数や厚さが適当かをチェックしたり、室温は夏は26℃から28℃、冬は20℃から23℃、湿度は40%から60%に保つよう、温度計と湿度計を置いてチェックすると良いですね。

血行不良を繰り返すとしもやけになり、赤紫色に腫れたりむくんでしまうことで強いかゆみを感じているかもしれません。

ほとんどは優しく患部をマッサージして血行をよくし、汗を拭きとってあげることで改善してきます。

ひどい時は皮膚科で薬をもらい塗る方法もありますよ。

Ba

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。