種類豊富!赤ちゃんの成長に適した肌着の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



IMG_7844

赤ちゃんの服には沢山の種類があり、新米ママはどれを選んで良いのかわからなくなります。

肌着1つをとっても、短肌着、長肌着、コンビ肌着、ボディ肌着、ラップアップ肌着があります。

どの種類が、どの時期に適しているのかを知っておくと服選びが簡単になります。

今回は肌着の種類と、特徴を紹介していきます。

・使用頻度が高い短肌着

汗を吸い取る役目がある短肌着は、赤ちゃんが着る基本の肌着で丈は腰まであります。

内側に1本、外側に1本から2本紐が付いていて打ち合わせて着るのが一般的です。

マジックテープで着替えが楽にできるタイプや、赤ちゃんが涼しいノースリーブタイプもあります。

基本的に、上に丈の長い肌着やウエアを重ねてきます。

吐き戻しや汗をかきやすい赤ちゃんですので、洗い替えに余裕があるように5枚から6枚あると良いですね。

主に使用する時期は、赤ちゃんがまだねんねして過ごす新生児期です。

着せる時の注意点

直接肌に触れるので、肌に優しい素材選びをしましょう。

上に長肌着やコンビ肌着、ウエアを重ねて着ることが多いので、あらかじめ袖を通し重ねておくと着替えが楽になります。

肌着の縫い目が外側にないと赤ちゃんがかゆがりますので、着せる前にチェックしましょう。

・長肌着は必要か?

短肌着を長くしたスカート型の肌着が、長肌着といます。

スナップがないので、おむつ替えが多く足の動きが少ない新生児に適しています。

長肌着は短肌着の上に着て温度調節をする役割を果たします。

暑い夏の時期は、室内で長肌着1枚で過ごしても良いですね。

長肌着の良い所は、スナップを止める手間が省けることと、おむつが濡れてることを知らせるラインがすぐわかるところです。

コンビ肌着と着る時期や役割が重なるので、使い勝手が良い方を選んでください。

・動きが大きくなってきたらコンビ肌着の出番

コンビ肌着は長肌着のように丈が長く、股のところが二股に分かれるようにスナップが付いているので、よく足を動かすようになった赤ちゃんに適しています。

膝が外向きに開く生後間もない赤ちゃんの足に沿うラインになっています。

春、秋、冬は4枚から5枚、夏は6枚から7枚あると良いと思います。

新生児期から使用できますが、足を動かすようになる2ヶ月か3ヶ月頃から出番が多くなります。

コンビ肌着は長い期間着ることができ、どんなに動いてもはだけることがなく安心です。

スナップをはずして長肌着のように着る方法がありますが、スナップが足にあたってしまうのが気になるところだと思います。

暑い夏の室内ではコンビ肌着1枚で過ごせます。

長肌着とコンビ肌着のどちらを選ぶかはママ次第ですね。

・種類が沢山あるボディ肌着

ボディ肌着は股のところをスナップで止めることができ、「ボディ」と略されて呼ばれたり、メーカーによってはボディスーツ、ボディシャツ、グレコと呼びます。

体にほどよくフィットし、足の付け根から出すタイプなので足が動かしやすくウエアと重ねて着てももたつかずにすっきり着ることができます。

デザインによっては、肌着としてではなくウエアに使用できます。

種類が豊富にあり、基本の形はかぶり式ボディです。

頭からかぶるタイプなので、首がすわってから使いはじめると良いですね。

デザインによっては、暑い夏の室内であれば1枚で過ごすことができます。

前開きタイプは新生児期に使用することが多いです。

ねんねしていても着替えやすいのが特徴ですが、コンビ肌着を卒業してハイハイが始まる前に重宝します。

紐で打ち合わせる前開きタイプのボディ肌着は、うつ伏せになっても痛くないので良いですね。

見せかけボディと言って、トップスの裾をボトムスから出すことができてセパレートの服を着てるかのように見える肌着があります。

一見セパレートに見えますが、見せかけのボディなのでお腹が出ることもなく安心ですね。

・ラップアップ肌着ってどんな肌着?

お腹の下から大きく開くタイプの肌着でおむつ替えがしやすく、ママたちの間で人気があります。

他の肌着との兼ね合いも考えて必要枚数用意しますが、全てラップアップ肌着で揃えるママもいるようです。

着せる時はスナップを全部はずしその上に寝せ、スナップを閉め直すだけです。

お腹の部分は2重になっていて、おむつ替えの時は3つのスナップをはずすだけで簡単にできます。

ウエストのスナップが2段階になっていることから、長い期間使用することができます。

上半身がウエアになっているものもあり、ボトムスを合わせるとお出かけスタイルにもなりますね。

・ショートオールはお出かけに便利

股ぐりが立体的になっていて丈が短いのが特徴です。

ほどよくフィット感があるので、足が分かれているガバーオールなどを着る時の肌着として使用します。

・室内で過ごす時の着せ方

新生児期から生後3ヶ月頃までは、基本的に短肌着とウエアで過ごします。

暑い時期は肌着のみかウエアのみで過ごし、寒い時期は短肌着とコンビ肌着とウエアを着て過ごすのがおすすめです。

生後3ヶ月以降の基本の着方は、コンビ肌着かボディ肌着にウエアを合わせます。

暑い日は肌着かウエアのみで、寒い日はボディ肌着と温かい素材のカバーオールなどがおすすめです。

着せ方はたくさんあり決まりはありませんので、赤ちゃんの様子を見ながら様々な着せ方を楽しんでくださいね。

IMG_7844 / tompagenet

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。