メーカーによって呼び方が違う?カバーオールの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Clothing deals

新生児期を過ぎ赤ちゃんの動きが活発になってくる頃、今まで着ていたベビー服では動きを妨げてしまうことがあります。

足をよくバタバタさせるようになるので、足の動きがスムーズになるベビー服を選んであげたいですよね。

今回は3ヶ月頃から着る、カバーオールについて紹介していきます。

・カバーオールはいつまで着る?

カバーオールはトップスとボトムスがつながっていて、全身を包むつなぎのようなベビー服を指します。

裾と袖にゴムが入っていて体にフィットし、保湿性が高いのが特徴です。

ゴムが入っているか入っていないかで、カバーオールとプレオールが区別されます。

海外製のものには足カバーがついており人気があります。

3ヶ月頃から1歳頃までサイズ展開がありますが、比較的月齢が低い赤ちゃんが着ることが多いですね。

前開きになっていたり、頭からかぶるタイプがありますが、最初は1枚から2枚用意して赤ちゃんの成長に合わせて購入していきましょう。

・メーカーによって違う呼び方

カバーオールはメーカーによって、ロンパースやボディオールと言われます。

ロンパース

ロンパースはトップスとボトムスが繋がっていてカバーオールとほぼ同じですが、肌着のように着ることができるものです。

メーカーによって差があるので、ほぼカバーオール同じと捉えて良さそうです。

カバーオールとの特徴的な違いをあげるとするなら、下半身がブルマや短パンタイプになっていることです。

股の部分にボタンやスナップがついていることがあり、おむつ替えが多い新生児から使えるベビー服と考えて良いかもしれません。

ボディオール

全身を包むカバーオールと同じ形ですが、裾や袖にゴムが入っていないことが多いです。

ボディ肌着と同じ意味で使うメーカーが多いようです。

・カバーオールの着せ方

カバーオールは厚手のタイプと薄手のタイプがあり、どの季節でも快適に着ることができます。

素材によってはカバーオール1枚で着せることができますが、基本的には短肌着などを着せてから着せるようにしましょう。

肌着として使うと、あせもやかぶれを防ぐことができますね。

セパレートタイプのベビー服に移行したあとは、パジャマとして使用しても良いですね。

Clothing deals / Stephen Cummings

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。