ハイハイを始めた赤ちゃんに適した部屋の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Crawling out of his toy bin

赤ちゃんがハイハイするようになると、ぐっと行動範囲が広がります。

今までと同じ部屋だと危険な気がしてしまいますよね。

コンセントやテーブル、暖房器具など赤ちゃんにとって危険なものが部屋には沢山あります。

しかし赤ちゃんは危険だということがまだわからないので、目につく物全てが「好き」なのです。

赤ちゃんが安全に興味の範囲を広げていけるような部屋づくりを工夫したいですね。

・ベビースペースを作る

赤ちゃんが安全に過ごせるスペースを作っていかなければなりません。

ハイハイが始まるのと同じ頃に後追いが始まりますので、1日のうちでママが1番いる場所、目の届きやすい場所に作っていきます。

ベビーゲートを使うと2畳位のスペースを囲むことができるので、少し目を離しても安全に過ごせるようおもちゃを置いてスペースを確保します。

・部屋づくりの工夫

リビング

赤ちゃんはとにかく物を出すのが好きです。

極力、隠せる収納にするよ良いですね。

ハイハイを始める前後でつかまり立ちも始まりますから、赤ちゃんの顔の高さにくるテーブルやテレビ台の角はしっかりとカバーを付けてください。

ガラス製のテーブルや収納は、赤ちゃんが乗って割れてしまうと大変危険です。

できるだけガラス製のものは避けた方が良いと思います。

赤ちゃんは何でも口に入れたがりますので、手の届く範囲に小物を置くのはやめましょう。

カレンダーなど手が届かないところにあったとしても画鋲が落ちてきて、踏んだり口に入れると危ないのでテープ式の物で貼り付けると良いと思います。

キッチン

ケトルなど手が届く範囲にあると、触ってやけどをしたり倒してしまうことがあるので、低い位置にある時は移動させてください。

シンク下の収納を勝手に開けてしまうので、包丁など危険なものが入っている場所には戸口ロックを付けると良いですね。

油を使う時は油がはねて危険ですので、ベビーガードでキッチンに入れないようにすると良いと思います。

お風呂

赤ちゃんは目を離したすきに、いろんなところへ移動します。

お風呂場の浴槽に水が溜まっていると興味を持って覗き込みますが、勢い余って落ちて溺れてしまうことがあります。

使い終わったら必ず水を抜きましょう。

トイレ

トイレスタンプは口に入れてしまう可能性があるので、蓋をしめるか、スタンプは使わない方が良いかもしれません。

洗剤等は床に置かないようにしましょうね。

洗濯室

トイレスタンプと同様ジェルボールを口に入れてしまうかもしれませんので、赤ちゃんが小さなうちは使わないか、絶対に手の届かかない場所に置きましょう。

洗濯機の蓋を開けると危険ですので、チャイルドロックしたり、踏み台になるものを周囲に置かないようにしてください。


Crawling out of his toy bin / juhansonin

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。