赤ちゃんの寝汗対策グッズ!汗処理と快適な環境作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



sleeping evil

赤ちゃんは寝ている時に沢山汗をかきます。

寝ている間の汗の処理はどうしたら良いのか、対処法はあるのか困ってしまうママは多くいると思います。

特に頭の寝汗が気になっているママがいるようです。

寝汗をかくこと自体は心配がないかもしれませんが、冷えて風邪を引かないか気になりますよね。

今回は寝汗対策について紹介します。

・体温調節で発汗している

大人も子どもも寝ている時に沢山汗をかきます。

寝ている時は自律神経の働きで体温調節が行われ、体温を下げるために汗をかくのです。

これが寝汗の正体で、大人はコップ1杯程度の汗をかきますが、大人より新陳代謝が高い赤ちゃんはそれ以上の汗をかいています。

体温も大人より高いので、寝ていてもすぐ汗をかいてしまうのですね。

寝汗が多くなる原因は、寝ている時に厚着をさせたり、布団をかけ過ぎて温かくし過ぎていることです。

・汗をかき過ぎない環境作り

汗をかくことは体に良いことですが、かき過ぎると寝汗が冷えて風邪を引いたり、あせもができてしまうことが気になります。

どの季節もパジャマや布団は薄めのものを使うようにしましょう。

夏場だとタオル1枚を掛け、冬場は薄めの布団が良いですね。

足先が冷たくても靴下を履かせるのは止めましょう。

赤ちゃんは手足で体温調整を行っているので、靴下を履くと熱の逃げ場がなくなってしまいます。

手足が冷たくても体の中心が冷えていなければ問題ありません。

夏場は26℃から28℃、冬場は18℃から23℃が室内の適温で、エアコンや扇風機を使って赤ちゃんの周りの温度を適切に保ってあげましょう。

もしエアコンが直接当たり心配な場合は、隣の部屋でエアコンをかけ涼しい風を送り込んでみましょう。

冷風が直接当たらず、寒すぎず暑すぎずで快適に寝ることができます。

風の流れが悪い時は、扇風機を使って風を循環させるのも良いですね。

・吸収性の良いアイテムを使う

「小さいうちは汗を沢山かくと良い」とよく聞きますが、それは起きている日中の話です。

夜は汗をかきすぎると寝苦しくなってしまうので、最低限かく汗をしっかりと吸収できる素材のアイテムを使うようにしましょう。

敷布団の上に吸収性の高いバスタオルを敷いたり汗取りパッドを使いましょう。

汗をかいてもさっぱりするようなパジャマ選びも大切です。

その他、うちわで仰いであげるとその風が気持ちよく寝汗が少し抑えられます。

それでも寝ている最中にパジャマがベチャベチャに濡れてしまったら、素早く着替えさせてあげましょう。

・赤ちゃんの寝汗対策グッツ

ひんやり枕

寝る前に布団を冷やすのと、赤ちゃんの寝入りの時に頭にひんやり枕を置いてあげると、涼しくなり眠りに入りやすくなります。

睡眠中ずっとひんやり枕をしていると冷えすぎてしまう心配と、溶けて頭が埋まり窒息することも考えられるので、寝始めの時に使い、後は外してあげると安心です。

ゴザ

除湿と保湿機能が高く、天然のエアコンと呼ばれるくらいエコで体に良いい草。

布団の上に敷いてあげるととても快適です。

・頭に寝汗をかいていたら?

体の寝汗は着替えたり汗取りパッドを交換することで対応できますが、放置されやすいのが頭に寝汗をかいている時です。

頭にも吸収性の高いタオルを敷いてあげましょう。

それでも頭に汗をかいている時は、ガーゼをぬるま湯で人肌に温めて拭いてあげましょう。

・こまめに汗処理をしましょう

赤ちゃんは体温調節機能が未発達で寝汗をたくさんかきます。

寝汗をかいたらすぐ着替えさせられるような、マジックテープ式のカバーオールのパジャマがオススメです。

生まれたばかりの頃は特に汗をかき着替えの回数が多くなりますが、汗をかくのは健康な証拠ですので汗を拭いたり着替えをこまめにしてあげてくさいね。

sleeping evil / tokyosucks

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。