春生まれの赤ちゃんの1年!上手な服の着せ方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Thanks for the clothes

3月4月5月に生まれた春生まれの赤ちゃんは、朝晩の気温差が大きい季節に生まれてきますが季節商品の用意はそれほど多くありません。

肌着と肌着の重ね着や、肌着とウエアの組合せで体温調節をしてあげたいですね。

春に生まれ、夏、秋、冬を越し、1歳になる頃また春を迎えます。

1歳になるまで、どんな服装をさせたら良いのでしょうか。

今回は室内とお出かけの服装の例を紹介します。

・春:0ヶ月から2ヶ月

春に生まれた赤ちゃんは、サイズの目安が50から60です。

赤ちゃんの成長は早く体型も異なるので、参考にして赤ちゃんに合う着せ方を見つけてあげましょう。

室内

足の動きが少ない時期は、短肌着に長肌着を重ね、その上にドレスオール着せます。

長肌着はコンビ肌着に、ドレスオールはツーウェイオールに代用可能です。

足をバタバタ動かすようになってきたら、コンビ肌着にツーウェイオールかドレスオールを着せます。

コンビ肌着はスナップを留め、足を動かしてもお腹が冷えないようにすると良いです。

寒い日には新生児ベストで調節してあげましょう。

お出かけ

短肌着にドレスオールを着せ、おくるみ、靴下、帽子でお出かけスタイルになります。

おくるみをすることで足の動きが制限されウエアがはだけることはありませんし、首がすわっていなくても抱きやすくなります。

・夏:3ヶ月から5ヶ月

首がすわる頃で、体が成長しウエアのサイズは60が目安になります。

室内

暑い季節になりますので、室内では1枚で大丈夫なデザインであればコンビ肌着だけで過ごすことができます。

肌触りが良いプレオールや前開きの半袖と半ズボン(ブルマ)の作りをしたロンパース1枚でも大丈夫です。

体温調節のために中に短肌着を着ても良いと思います。

お出かけ

前開きのロンパースと帽子をかぶせ、紫外線や冷房対策でカーディガンがあると良いですね。

汗を吸収させるためにロンパースの下に短肌着を着せても良いと思います。

・秋:6ヶ月から8ヶ月

ハイハイを始める頃で、赤ちゃんの動きが活発になってきます。

この頃は丈が長めのコンビ肌着を卒業し、おむつのところにフィットする形でスナップが付いているボディ肌着が活躍します。

サイズの目安は70です。

室内

かぶり式ボディ肌着にカバーオールで過ごしたり、かぶり式ボディ肌着に新生児の頃着ていたツーウェイオールをカバーオール型にして着せても良いですね。

体温調節にはベストを着せましょう。

お出かけ

1人でおすわりできるようになる頃なので着替えが楽になり、セパレートタイプのウエアを着せられるようになります。

セパレートウエアを着せることができても動きが激しくお腹が出てしますので、肌着は上下がつながっているタイプを着せると安心です。

かぶり式ボディにセパレートのウエアを着せ、ジャケットや靴下、帽子で寒さをしのぎましょう。

冬:9ヶ月から11ヶ月

つかまり立ちが出来る頃で、サイズの目安は70から80です。

室内

かぶり式ボディと暖かい素材のセパレートウエアを着てカーディガンで体温調節をするか、かぶり式ボディにトップス、オーバーオール、暖かい素材のベストを着ておしゃれができます。

お出かけ

室内と同じくかぶり式ボディに暖かい素材のセパレートウエア着て、その上からジャンプスーツと靴下、手袋、帽子などで防寒対策をしましょう。

春:1歳から1歳2ヶ月

1人で歩き始める時期で増々動きが活発になってきますね。

サイズは80が目安です。

室内

かぶり式ボディにセパレートを着てカーディガンで調節したり、見せかけボディという下はおむつの部分でスナップが留められていて上はトップスに見える肌着にボトムス、カーディガンを着ると良いです。

お出かけ

かぶり式ボディにセパレートウエア、ジャケットや靴下、帽子のスタイルでお出かけできます。

Thanks for the clothes / Micah Sittig

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。