薬の影響はいつから?器官が作られる妊娠初期は要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Medicine

赤ちゃんがお腹の中にいると気になるのが食品や薬ですね。

妊婦によくないとされる食品や薬は極力避けると思いますが、怪我をしたり痛みがひどくやむを得ず薬を服用することがあるかもしれません。

もしかしたら、妊娠に気づかず薬を飲んでしまっていることもあるかもしれませんね。

薬を飲むと胎児にはどんな影響があるのでしょうか。

今回は薬の影響がいつからあるのかについて紹介します。

・薬の服用時期について

妊娠前

妊娠前に飲んでいた薬が胎児に影響することはまずありません。

薬の多くは1日から2日で体内から排泄されるので体に残ることはないのです。

市販の薬も同じことが言えますが、持病を持った人が飲む薬の中には体内に薬が長く残りますので医師から服用中止後の避妊を指示されることがあります。

妊娠超初期(1ヶ月)

受精卵が着床するこの時期は、受精卵が細胞分裂をしているだけで体の形や臓器を作っていませんので、奇形という意味で薬の服用はなんの問題もありません。

市販の薬や鎮痛剤も大丈夫です。

先程紹介した残留性のある薬は、次の過敏期に影響が残り恐れがあるので注意しましょう。

妊娠初期(2ヶ月から4ヶ月)

奇形という意味で1番薬の影響を受けやすいのが、妊娠2ヶ月から4ヶ月です。

過敏期とも言われ、最も薬に注意しなければならない時期なのです。

お腹の中では赤ちゃんの体形や臓器が作られている時期で、特に2ヶ月目は薬の服用によって奇形の発症率が少し高まってしまう可能性があるので気をつけましょう。

妊娠中期(5ヶ月から7ヶ月)

妊娠中期は比較的安全な時期です。

赤ちゃんの体や臓器などの基本的な形はできあがっているので、奇形の心配はいりません。

しかし、薬によっては体の成長や機能に悪影響を及ぼすことがあります。

薬の中には、羊水を減らしてしまったり赤ちゃんの歯が黄色くなってしまうなどの影響が出るものもあります。

妊娠後期(8ヶ月から10ヶ月)

妊娠後期は薬が赤ちゃんに移り、直接的な作用をうけやすくなります。

薬が赤ちゃんに移り悪い作用が働くことを「胎児毒性」と言います。

代表的な薬としては鎮痛薬で、鎮痛薬には血管を収縮させる作用があり、新生児肺高血圧症の原因となる恐れがあります。

赤ちゃんの腎臓にも悪影響ですし、分娩や出産の遅延を招くこともあります。

1回から2回頓服する程度でしたら心配いりませんが、強力な鎮痛薬や長期連用は避けましょう。

・医師の判断を仰ぐ

薬の服用は誰しもが気を付けることだと思いますが、やはり主治医に相談するのが1番です。

自己判断で飲んでしまい赤ちゃんに影響が出てしまっては、取り返しがつきません。

各専門医に聞くのもよいですが、より安心できるのは産婦人科の医師に相談すると良いですね。

Medicine / poppet with a camera

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。