妊娠中の麻酔やレントゲンが心配!いつまで歯医者に通えるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Injection

妊娠中に虫歯や歯周病になると食事が取れなくなったり、出産にも影響があり治療が必要になってきます。

しかしレントゲンや麻酔のことを考えると、胎児への影響が心配ですね。

赤ちゃんを優先する気持ちは大切ですが、薬の影響を考え過ぎて痛みを我慢し続けるのも体に良くありません。

今回は妊娠中の歯科治療が与える、胎児や母体への影響を紹介します。

・歯医者のレントゲンは線量が少ない

妊娠初期はレントゲンの影響を受けやすいと言われているだけに心配ですよね。

歯医者のレントゲンは口に向けられお腹に直接当たることはありませんし、X線被爆を防ぐために鉛のエプロンを首からつけてレントゲン撮影を行います。

また、元々の線量が少ないためお腹の赤ちゃんに影響する可能性は低いです。

それでも心配な場合、急を要する治療でなければ安定期まで待っても良いかもしれません。

・麻酔は局所麻酔なので安心

歯科治療で使われる麻酔は局所麻酔ですし、無痛分娩に使われるものなので胎児への影響はありません。

麻酔量も少なく麻酔を打った部分で分解されてしまうので、胎盤や母乳を通して赤ちゃんの体内に移ってしまうこともありません。

ただし親知らずを抜く時はお腹に力が入ったり熱を出したりすることもあるので、注意が必要です。

・鎮痛薬の影響

妊娠中の薬が胎児に影響するのは、妊娠2ヶ月から4ヶ月の妊娠初期とされています。

その期間は薬が処方されないことが多いですが、症状によっては処方されることもありますね。

歯医者で処方される薬のほとんどが妊娠中や授乳中に服用しても安心なものばかりですが、抗生剤にはセフェム系やペニシリン系、鎮痛薬はカロナールなど安全性の高い薬が処方されます。

心配であれば産婦人科の医師に確認すると良いですね。

・歯科治療が安全な時期

妊娠1ヶ月から妊娠5ヶ月と、妊娠8ヶ月から産後1ヶ月までの歯の治療は応急処置にとどめた方が安心です。

妊娠2ヶ月から3ヶ月は流産しやすい時期で過度の緊張やストレス、長時間の治療は避けて応急処置をし、安定期に入ってから治療をしましょう。

妊娠中の歯科治療が比較的安全に行える時期としては、安定期に入った妊娠5ヶ月から妊娠8ヶ月と言われています。

レントゲンや麻酔、薬の影響がないと言っても急を要する治療でない限りは、不安を抱えてまで無理をする時期ではありません。

急がない治療であれば、産後1ヶ月以降まで待っても良いかもしれませんね。

医師に相談して、ママが納得できる治療方針を決めていきましょう。

Injection / Conor Lawless

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。