母子健康手帳の内容は?引っ越しや双子の手続きとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



妊娠中の経過だそうで

母子健康手帳はママとお腹の赤ちゃんの健康状態を1冊にまとめて記録できますね。

産院や小児科に持参すると妊娠経過や成長、予防接種の接種履歴など医療スタッフが共有できます。

では、母子健康手帳の中身はどんな内容なのでしょうか。

・母子健康手帳の内容

母子健康手帳の表紙やサイズ、内容は自治体によって異なります。

中には母子健康手帳とは言わず、親子健康手帳などという名称のところもあります。

しかし、妊娠経過や乳幼児健診の記録、予防接種の記録、乳幼児身体発育曲線など、厚生労働省が省令様式を定めている部分は全国共通の内容になっています。

一方、妊娠中の子育ての注意点、栄養についての情報などについては、各市区町村が作成した独自の様式と内容になっています。

詳しい中身については以下の4つに分けられます。

パパとママの基本情報

母子健康手帳を受け取ったら、パパやママの基本情報を記入しましょう。

生年月日や職業、居住地を書く他、ママの妊娠前の健康状態や職業なども記入しましょう。

授かり婚の場合、姓の変更に備えて鉛筆で書いておきましょう。

健診や受診ごとの記録

妊娠中に感じたこと、産後や健診前に赤ちゃんの日々の様子をチェックし記入します。

かかった病気の記録などもママが記入します。

カラーペンや写真を貼っても大丈夫です。

パパやママの気持ちを書いたり、健診で質問したいことを書いておくのも良いですね。

医師や助産師による記録

妊婦健診や検査結果、出産直後のママや赤ちゃんの状態、産後1週間以内の赤ちゃんの状態、生後1ヶ月から始まる各検診結果や予防接種の記録などは、医師や助産師などが記録します。

このページは医療機関が情報を共有するページなので、ママがコメントなどを書き込むのは控えた方が良いです。

妊娠・出産・育児の情報

市区町村ごとの工夫が見られるページです。

妊娠や出産、育児に役立つ情報が載っています。

母子健康管理指導事項連絡カードや赤ちゃんのうんちの色をチェックするページは全国共通です。

・交付後の引っ越し、双子の発覚は?

母子健康手帳は自治体によって違いますが、発行された後に引っ越しても転居前に使っていた母子健康手帳をそのまま使うことができます。

ただし、妊婦健診の受診票などは使えなくなる場合があるため、未使用分は転居先の役所の窓口に持参して交換してもらいましょう。

また、母子健康手帳は赤ちゃん1人に対して1冊発行されるため、双子の場合は2冊必要です。

母子健康手帳発行後に双子と発覚した場合は追加でもらえますので、再度役所や保健所に行きましょう。


妊娠中の経過だそうで / masterq

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。