周期的な腹痛や出血がサイン?流産が起きる時の症状とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Nikki

お腹の中に新しい命が宿り嬉しい気持ちでいっぱいのママ。

嬉しい気持ちで病院を受診したのもつかの間、心拍が確認できないと言われた途端の落胆は計り知れないものがあります。

そこで頭をよぎるのが「流産」という言葉です。

自分のせいではないかと自分を責めたり、なんで私の赤ちゃんがとそんな運命を憎むかもしれません。

しかし流産するのには原因があり、起きてしまう原因が必ずあります。

今回は流産の症状をまとめました。

・流産とは

流産は、妊娠21週までに赤ちゃんが流れて出てしまったり、育たなくなることを言います。

全妊婦の10%から15%が流産すると言われているので、決して珍しいことではないのです。

流産のほとんどは、妊娠3ヶ月までにおこる早期流産です。

早期流産は、染色体異常などで胎児側に原因があることが大半で、ママ側の責任ではありません。

ママの行動が原因になることは稀なので、気にし過ぎないようにしましょう。

妊娠4ヶ月からの流産は後期流産と呼ばれ、早期流産に比べてママ側に原因がある確立が高くなります。

子宮の異常や過度のストレス、激しい運動が原因になることがあります。

お腹が目立たない時期ではありますが、まだ妊娠初期でデリケートな時期なので無理は禁物です。

なるべく体に負担がかからないように気をつけましょう。

22週目以降に赤ちゃんが生まれてきてしまっても、医療の力で育てられることもあるので、流産ではなく早産と呼びます。

・流産の症状

出血

妊娠初期は胎児がまだ不安定なこともあり、正常な妊娠でも出血することがあります。

しかしそれが大量出血だったり、長い間続くような出血だと流産が始まっているかもしれません。

出血の色は茶褐色や鮮血であることが多いです。

妊娠4ヶ月以降になると正常の妊娠なら出血することはほとんどないので、出血していたらすぐに受診するようにしましょう。

また出血と腹痛を伴う場合は切迫流産の可能性があり、治療によっては正常な妊娠に戻すことができます。

すぐに病院を受診しましょう。

腹痛

突然激痛に襲われるような感じではなく、重い生理痛のような痛みが10分間隔、5分間隔というように周期的にやってくるなら、流産の危険があるかもしれません。

しばらくすると治まるような擬似陣痛は妊婦によくあることなので、1時間から2時間横になって痛みが消えるようなら問題はないかと思います。

腰痛や腹痛にともなって出血がある場合は受診しましょう。

つわりがなくなる

最初からつわりがない人もいますが、つわりが始まっていた場合は急になくなることはありません。

つわりがなくなり基礎体温が下がってきたら、流産の可能性があります。

ただし子宮内に胎児がまだ残っているけれど心拍が確認できない稽留流産の場合、胎児がまだ体内にいることからつわりの継続や基礎体温の変化がないことがあります。

つわりがなくなっただけでは、流産と判断するのは難しいです。

・流産後の心のケアをしっかりと

赤ちゃんを望んでいる夫婦にとって流産は、とてつもないダメージを心に与えてしまうことでしょう。

次の妊娠に不安を抱き、同じことが繰り返されてしまうのでは、という恐怖さえ感じると思います。

しかし流産の多くはママ側の原因ではなく、胎児の染色体異常でママにも医師にもどうしようもないことなのです。

1度はお腹に来てくれた赤ちゃんに感謝し、その尊い命を胸の奥にしまっておきましょう。

心のケアと体の回復を待ち、次の妊娠へ向けて夫婦で歩んでいってくださね。

Nikki / Illusive Photography

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。