化学流産と流産はどこが違うの?化学流産と気づく症状とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



DSC06193.jpg

化学流産とは、受精卵が子宮内膜に着床する前後で流れてしまうことです。

化学流産に気づかないことも多くあり、いつもの生理より少し重い生理として過ぎてしまうこともあるのです。

通常の流産としてカウントされない化学流産は、通常の流産とどのような違いがあるのでしょうか。

・流産と化学流産の違い

受精卵が子宮内膜に着床し、胎嚢が確認できると医学的に妊娠が成立します。

その後心拍が確認できると、役所に妊娠を登録し母子手帳がもらえるようになります。

通常の流産は胎嚢が確認できたのにも関わらず、流れて出てきてしまったり成長が止まってしまうことをいいます。

化学流産は、受精卵が着床できずに流れてしまった場合や、着床したけれど胎嚢ができる前に流れてきてしまったことをいいます。

胎嚢が確認できないということは妊娠成立に至っていないので、流産としてカウントされません。

・化学流産の症状

化学流産は医学的な流産とは違うので、腹痛やだるさなどの症状はありません。

通常の生理の期間に、いつもと変わらない量の出血があります。

人によっては経血量が多かったり、生理痛が辛いといった症状があることもありますが、妊娠検査薬を決まった検査日より早く使って妊娠に気付いている人なら、いつもとの違いを感じるかもしれません。

また、経血の量はいつもと変わらないけれど、着床に備えて厚くなった子宮内膜が剥がれ落ちて排出されるのでドロっとした塊が出てくることや、稀に胎嚢が白い塊として出てくることがありますが、気づかないことが多いです。

化学流産後は生理がいつもより少し遅れてくる人もいます。

しかし、生理周期はちょっとしたストレスや体調の変化で変わりますよね。

いつもより生理が遅いと感じる程度で、化学流産に気づかないことが多いのです。

・妊娠検査薬のフライング検査は止めよう

妊娠検査薬の検査日は通常、生理予定日から使えるものと生理予定日1週間後から使えるものがあります。

その検査日より以前に検査してしまうことをフライング検査といいます。

現在販売されている妊娠検査薬は性能が高く、着床すると分泌される少量のhcgホルモンに反応して妊娠がわかることがあります。

検査日まで待つとホルモンの分泌量が増えるので正確な判定が分かり、妊娠が成立する可能性が高くなります。

妊娠の可能性があると早く知りたい気持ちもあると思いますが、フライング検査をすることで知らなくても良かった化学流産に気付いてしまうことになります。

医学的に流産とカウントされなくても、流産の事実はショックを与えかねませんよね。

ショックで次の妊娠へ影響が出てしまうこともあるので、妊娠検査薬は検査日を守って検査するようにしましょう。

DSC06193.jpg / J.BC

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。