兆候はあるの?予測不能で起きる胎盤剥離の症状とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



IMG_8570

妊娠後期になると出産が近付いて来て、赤ちゃんと会えることを心待ちにしていることでしょう。

これまで何のトラブルもなく過ごしてこれたママにとって、後は無事に産むだけですよね。

しかし妊娠後期になると、早産や胎盤剥離などのリスクがついてまわります。

特に胎盤は赤ちゃんとママを繋ぐ大事な役割を果たしているので、胎盤のトラブルは命に関わる病気です。

今回は胎盤剥離がどのような病気なのか、兆候はあるのかなどを紹介します。

・胎盤剥離とは

胎盤は受精卵が着床した部分に作られ、子宮内の毛細血管を通して胎盤に血液が流れ、へその緒を通して赤ちゃんに栄養がいくようになっています。

普通であれば、赤ちゃんが誕生して15分から30分で自然に胎盤が剥がれ落ちてきます。

胎盤剥離とは、分娩中や妊娠中まだ赤ちゃんがお腹の中にいる状態にも関わらず、突然剥がれ落ちてきてしまう病気です。

正式には常位胎盤早期剥離といいます。

胎盤剥離が起こると赤ちゃんに栄養がいかなくなるので、母子ともに危険な状態になります。

胎盤が剥がれてから赤ちゃんは1時間以内、ママは3時間以内にしっかりとした処置がされないと大変危険です。

胎盤剥離が起こる確立は0.3%から0.9%で低いと思える数字ですが、発症すると母体死亡率は4%から10%、胎児死亡率は30%から50%と言われているので、早急な処置が必要になるのです。

・胎盤剥離の兆候

胎盤剥離の症状や進行のスピードには個人差があります。

軽症の場合は、子宮の張りが軽く感じられる程度で、不正出血やママの血圧も正常ですし、モニターで見る赤ちゃんの心拍にも異常がありません。

しかし症状が進み、重症の場合はお腹の張りが頻繁になり、強い痛みを感じます。

しだいに動けないほどに痛みが襲い、お腹が板のように硬くなります。

不正出血もみられます。

ママの脈が乱れ、赤ちゃんの心拍に異常が出ますし、胎盤が剥がれると子宮口が開き子宮壁から出血が起こるため、大量出血によりショック状態や臓器に影響が出ます。

胎児の胎動は弱まるか、もしくはなくなってしまうのです。

胎盤剥離になってしまうと症状は止めることが不可能になります。

しかし、妊娠中や分娩中などいつなるか予測不能で、早期の診断が難しい病気でもあります。

少しでも体に異変を感じたら、すぐに病院を受診してくださいね。

IMG_8570 / teachercreature;-)

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。