一番最初に起こる妊娠のサイン!着床出血の正体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



happy and content
妊娠を希望しているママは体のちょっとした変化が気になるかと思います。

妊娠超初期症状として、着床出血と胸の張りがあります。

生理痛の時に胸が張ると言う人が多いので、胸の張りについてはあまり違和感がなく気づかない人もたくさんいるようですが、着床出血は出る人と出ない人がいます。

今回はわかりにくい着床出血について詳しく説明していきたいと思います。

着床出血はいつ出る?

着床出血は排卵日の約1週間後から生理予定日に起こることがあります。

まれに1週間以上続くママもいますが、もともと生理不順の方は着床出血か不正出血かは見分けが難しいものです。

着床出血が起こるのは50人に1人と言われていますので、妊娠していても着床出血がない場合がほとんどです。

着床出血がないからといって着床できていないわけではありませんので安心してくださいね。

着床出血の特徴

着床出血は生理と違って2日から3日で止まることが多いです。

経血とは異なる茶色いトロッとしたおりもの状のものや、うっすらとした血が2日から3日続いたり、真っ赤な鮮血の場合もあります。

出血には個人差が大きく様々ですので、生理が来たと勘違いすることも多いようです。

妊娠が分かった時に、数週間前の出血を着床出血だったと感じる方もたくさんいるようです。

着床出血の量は、ティッシュに付く位の量です。

生理2日目位の量が出た場合は着床出血ではなく不正出血の可能性がありますので、産婦人科を受診するようにしましょう。

着床出血の原因

卵巣で作られた卵子が精子と受精すると、卵管の蠕動(ぜんどう)運動でゆっくりと子宮に運ばれていきます。

子宮にたどり着いた受精卵は子宮の壁にくっつき、受精卵を取り囲む絨毛を使って根を貼ります。

これが着床です。

着床によってそこに胎盤が作られますが、この時子宮の壁の粘膜から内側に向けて絨毛が根をはるために、子宮壁を絨毛が溶かします。

この時に粘膜にある血管が破れて着床出血を起こすと言われています。

着床出血と生理の見分け方

着床出血と生理の見分け方は、これといったものがありません。

一般の人が見分ける方法としては、基礎体温測るか妊娠検査薬で妊娠を確認することくらいしかないのです。

基礎体温を測っていてもわからない場合もあります。

着床出血の量や色では判断できませんので、生理と変わらないことも多く気づかずに普段通り過ごしていると思います。

着床出血で注意すること

着床出血と流産による流血とは違います。

中には勘違いしてしまう方もいるようですか、流産は1度着床してからそれが剥離してしまう現象です。

着床は、ママの体と受精卵にある赤ちゃんをつなぐ最初の1歩なのです。

そのために起こる現象ですので安心してください。

妊娠兆候を確認しよう

着床出血だけで妊娠を断定するのは難しいでしょう。

妊娠超初期症状の1つである「高温期が1週間以上続いている」と言う兆候が同時にあれば、妊娠の可能性が高いかもしれませんね。

そのためには、普段から基礎体温を測っておくなどの準備が必要かもしれません。

着床出血以外の妊娠超初期症状

妊娠超初期の方に生理予定日付近で体調変化が現れることがあります。

症状は人によって様々ですが頭痛や吐き気、イライラしたり微熱が出ることもあります。

その他、胸が張ったり関節痛、全身倦怠感、肌荒れやニキビができることもあります。

しかし、生理前の症状と重なることが多く後から考えると妊娠超初期症状だったと言う人が多いようです。
happy and content / James Theophane

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す