切迫早産とはどんな状態?無事に産むことができるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Babybauch

妊娠中にトラブルはつきもので、その中でも心配なのが切迫早産です。

早産と聞くと今にも生まれてしまうのではないかと不安になりますが、切迫早産は早産の1歩手前の状態です。

切迫早産から早産へ進まないように、安静に過ごす必要があります。

今回は切迫早産について紹介します。

・切迫早産とはどんな状態?

切迫早産というのは、妊娠22週から妊娠36週までに赤ちゃんが生まれそうな状態のことをいいます。

この期間の赤ちゃんはまだ成長途中で、必要な内臓や体の機能が不十分だったり、低体重であるため、まだママのお腹の中で過ごすべき時期なのです。

しかし何らかの事情で子宮口が開いてしまい出血や破水があり、赤ちゃんが生まれてこようとしている状態を切迫早産といいます。

あくまでも早産になりかけている状態なので、適切な処置をして安静に過ごせば、正産期まで赤ちゃんをお腹の中で育て出産を迎えることができます。

・切迫早産になった時の過ごし方

切迫早産と診断されると、自宅安静か入院による絶対安静のどちからになります。

自宅安静の場合は極力横になって過ごし、重い物を持ったり、立ちっぱなしで家事をしたりしないようにしましょう。

切迫早産の進行具合によっては点滴による治療が必要になるため、入院して絶対安静の状態になります。

絶対安静の場合基本的にベッドの上から動くことはできません。

洗顔やシャワーさえ許可が降りなければできないほど危険な状態です。

切迫早産にできるだけ早く気づくことで適切な処置をしてもらうことができるので、いつもと様子が違う場合はすぐに病院へ行くようにしましょう。

それが赤ちゃんを助ける方法です。

Babybauch / Torsten Mangner

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。