量が多い着床出血はあるの?生理並みの出血が起こる原因とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



LDN

妊娠するとエストロゲンやプロゲステロンといったホルモンが分泌されることで、次の生理が止まり妊娠が継続するようになっています。

しかし着床が起こる頃に生理並みの出血が起きて、早めに生理がきたと勘違いすることもあるようです。

着床出血と生理とは全然違うものなのですが、出血量が多いと区別しずらいですよね。

今回は着床出血が生理並みの量や期間続く場合の原因について紹介します。

・着床出血とはどんな出血?

排卵日から1週間後に受精卵が子宮内膜に着床する時に出血が起きることがあり、これを着床出血といいます。

受精卵が絨毛という根を子宮内膜に張り、奥にもぐりこんでいくときにできる傷から出血するので、通常量は少量で、期間も2日から3日ということが多いですね。

ピンクや茶色に鮮血が混じったような色で、生理のような独特な臭いはありません。

着床するときに傷ができているので、チクっと下腹部に痛みを感じることもあります。

しかし全妊婦の2%しか着床出血は起きませんから、ほとんどの気付かないで過ぎ去ってしまうことが多いのです。

・生理並みの着床出血?

着床時に出血が全くない人もいれば、人より多い出血がある人もいます。

着床出血は個人差が大きいので、自分の症状が本当に着床出血なのかと疑問に思うこともあるかもしれませんね。

例えば生理並みの出血が排卵日から1週間後にあった場合、考えられる原因としては3つあります。

1つは着床出血が起きるとき、同時に子宮内膜が少しだけ剥がれて排出された場合です。

妊娠すると分泌されるホルモンの影響で妊娠が継続できる体になりますが、このホルモンが少ないことで一時的に卵巣内のホルモン状態が生理の時のホルモン状態に似るため出血が起こります。

ホルモンの量によっては、生理に近い量の出血が考えられます。

もう1つは、排卵日がヅレていて着床出血だと思った出血が生理の場合です。

女性の体はストレスや疲れで排卵日がヅレることが良くあるので、排卵日自体がズレていて生理予定日より前に生理が始まってしまったのかもしれません。

また、すでに着床が終わっていて流産や子宮外妊娠の影響で出血量が多い可能性もあります。

排卵日のヅレや生理周期のヅレ、数え間違いなどによって着床がすでに終わり妊娠したとしても妊娠初期は流産しやすく、その結果生理並みの出血があることがあります。

また着床が子宮内ではなく、卵管などのに着床してしまった場合は子宮外妊娠となり、その影響で出血が起きることもあります。

出血量が多い場合はその他の症状がないかを確認し、ひどい痛みがある場合は1度病院へ行ってみると良いですね。

その他に症状がなければ、生理予定日に使える妊娠検査薬で調べてみると良いと思います。

生理並みの期間出血がある場合は不正出血の可能性が高いですね。

着床出血は受精卵が根を張る時だけ出血が起きるので、長く続くことはありません。

ただし出血があってもすぐに排出されるわけではなく、子宮内や膣などを通って排出されるので2日から3日、長くて1週間続くことがあります。

1週間続いたとしても量は多くありませんので、そこで判断できるのではないかと思います。

・基礎体温で排卵日を知ろう

着床出血の場合基礎体温は高温期が続き、生理の場合は体温が下がり低温期になります。

妊娠を望んでいる場合は基礎体温の変化が決め手になることも多いので、つけてみると良いですね。

そうすると排卵日を知ることができ、1週間後に出血があれば着床出血と判断することができると思います。

LDN / daniellehelm

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。