計算で排卵日がわかる?妊娠の可能性を高める方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Mom?

自分の排卵日を正確に知っている女性はどれくらいいるでしょうか。

月に1度訪れる排卵日は、卵巣から成熟した卵子が飛び出し卵管采で精子がやってくるのを待ちます。

精子が無事にたどり着いき受精できたら、その受精卵は子宮へと運ばれ着床し妊娠が成立します。

つまり妊娠するために、排卵日は月1度の大切な日なのです。

妊活をしている女性は排卵日のことをすでに勉強しているかもしれませんが、これから妊活する女性や今後妊娠する可能性がある女性は排卵日について知っておくと良いと思います。

排卵日を計算して日にちを割り出すこともできるので紹介していきます。

・排卵日を知ると妊娠の確率があがる?

妊娠するためには、新鮮な卵子と精子が出会う必要があります。

あえて「新鮮」という言葉を付けた理由は、卵子にも精子にも短い寿命があるからです。

卵子は月に1度1つだけ排卵されますが、排卵してから24時間以内が卵子の寿命と言われています。

精子は2日から3日、長くて1週間で寿命を迎えます。

精子は卵子より寿命が長いのですが、1度の射精で2億から5億の精子が卵子が待つ卵管采を目指し、卵子の元へたどり着き受精できるのはたった1つの精子だけです。

射精からたどり着くまでに時間がかかりますし、受精可能な運動ができる精子になるまでは約6時間が必要です。

そのため精子は卵子より寿命が長いのですね。

また、寿命は2日から3日、長くて1週間ですが、精子が元気な状態でいられるのは1日半(36時間)です。

つまり、卵子も精子も受精可能な時間はこぐわずかしかないため、より効率的に妊娠する可能性を高めるには排卵日を知る必要があるというわけです。

・計算で排卵日を割り出す方法

生理周期というのは、卵胞期、排卵期、黄体期、月経期の4つに分かれています。

通常生理周期は25日から38日周期で繰り返されているといわれています。

人によって28日周期だったり、30日周期だったりすると思いますが、これは卵胞期の長さが人によって違うため周期に差がでるのです。

卵胞期以外の、排卵期、黄体期、月経期の長さは個人差がほとんどないと考えて良いと思います。

排卵日を知るには、まず自分の生理周期が何日なのかを知らなければなりません。

生理が始まった日から、次の生理が始まるまで何日経っているのかを数えてみましょう。

ただし女性の体は敏感で、ストレスや疲れなどで簡単に生理周期がずれ、排卵日もずれてしまいますので、正確な排卵日を割り出すのは難しいですね。

生理周期がだいたい何日かわかったら、次に生理開始予定日を予測しましょう。

黄体期は誰でも14日なので、生理開始予定日から14日引いた日が排卵日になります。

・排卵日の2日前が妊娠しやすい?

妊娠可能なのは排卵日の5日前からの6日間と言われているので、たとえ正確に排卵日がわからなくてもこの6日間毎日性行為があると妊娠の確率が高まります。

また、卵子の寿命は24時間で精子が元気な状態は1日半ですから、効率的に妊娠の可能性を高めるには、寿命の短い卵子が排卵される前に精子が卵管采で待ち構えていた方が良いということですね。

つまり、6日間のうちで最も妊娠しやすいのは排卵日の2日前あたりだと言われています。

次いで排卵日の1日前、排卵日当日の順で妊娠しやすいと言われています。

・排卵日を正確に知るには

排卵日を正確に知るためには、毎日基礎体温をつけて体温の変化で排卵日を予測する方法が良いと思います。

毎日の検温は大変ですが、より正確な排卵日を知ることができます。

また、排卵検査薬を使うのも1つの方法です。

尿に含まれるホルモンで排卵日が分かるようになっているので確実ではありますが、何日かかけて毎日検査をしなければならないので費用がかかります。

妊娠の可能性をより高くしたい時は、これらの方法を使ってみるのも良いと思いますよ。

・基礎体温の計り方

基礎体温は普通の体温計で測るのとは違い、細かい温度を測るので専用の体温計が必要になります。

時間帯で1番適しているのは、まだ体の内部が休んでいる状態が良いので朝目覚めた時です。

毎日同じ時間に測るとより正確な基礎体温を測ることができますよ。

目覚めたら、寝たままの状態で舌の下に体温計を挟み込み測定しましょう。

なぜ舌で測るのかというと、外の気温の影響を受けにくく体温が保たれやすいからです。

その記録を毎日続けることでグラフができあがり、低温期という時期が終わり1度ガクンと体温が下がった時が排卵日といわれています。

その後急激に体温が上がり高温期が始まります。

排卵日を知るには基礎体温を測るのが正確にわかる方法ですが、やはり多少の誤差や、少し体温が下ったと思っても実際の排卵日は数日後であることも考えられます。

基礎体温を測るだけではなく、おりものの変化をチェックしたり排卵検査薬を併用するとより正確に知ることができます。

基礎体温を付けて排卵日を知ることで妊娠に近づくことができますし、妊娠にもいち早く気づくことができます。

毎日のことで大変かもしれませんが、習慣になれば苦ではなくなります。

まずは3ヶ月間続けてみましょうね。

Mom? / Diamond Farah

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。