生理前に胸が張る原因は?痛みが続くと妊娠の可能性がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Pain

生理が始まる数日前になると胸が張って痛みを感じる人がいると思います。

胸の痛みは生理が始まると自然と消えていくのですが、張りや痛みが残ることがあります。

生理ではなく、もしかしたら妊娠初期症状かもしれません。

今回は生理前の胸の張りについて紹介します。

・生理前に胸が張る原因

女性の体は、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)という2つの女性ホルモンによってコントールされています。

2つのホルモンの変化により、排卵や生理が起きる仕組みになっているのです。

生理から排卵まではエストロゲンが多く分泌され、排卵から生理まではプロゲステロンが多く分泌されています。

生理前はプロゲステロンの分泌が増えることで、乳房の乳腺組織が活性化し、血管の膨張によって内側から圧迫され乳房に張りや痛みを感じるようになります。

生理が始まるとプロゲステロンの分泌量は減り、エストロゲンが増えるので胸の張りや痛みは治まってきます。

このように、プロゲステロンは女性の体に不調をもらたすホルモンです。

胸の張り以外にも、精神的に不安になったり肌荒れが起きたりするのはプロゲステロンの影響なのです。

・生理が来ても胸の張りが治まらない?

生理がくると普通は胸の張りが治まるのですが、なかなか治まらない時があります。

例えば妊娠していたり、乳腺症や乳腺炎、乳腺線維腺腫、乳がんである場合です。

乳腺症は良性の疾患ですが、30代から40代の女性に多く見られます。

乳腺炎は出産後の授乳をしてるママに多く見られます。

ひどくなると、赤く腫れたり激しい痛みや高熱が出ることもあります。

乳腺線維腺腫は痛みがなく良性の疾患ですが、しこりが一塊の大きなものができるので、大きくなりすぎた時は手術が必要です。

乳がんは女性の15人に1人はかかると言われている病気です。

早期発見できれば命にかかわらず治すことができるので、普段からのセルフチェックや定期健診を受けることが大切ですね。

・妊娠初期症状の胸の張り

妊娠初期症状として、いつもとは違う胸の張りを感じる人がいます。

妊娠すると妊娠を継続するために、生理が始まると減るはずのプロゲステロンの分泌が続きます。

エストロゲンも同時に増えることで、胸の張りや痛みが継続するのです。

生理前との胸の張りの違い

  • 生理予定日から1週間を過ぎても張りが続く
  • いつもより胸全体が強く張っている
  • 乳首にチリチリとした痛みや違和感を感じる
  • 乳首が衣服に触れると痛い
  • 乳首や乳房がかゆい
  • 乳首にブツブツができた

生理前とは少し違う胸の張りや痛みを感じることもありますが、人によっては全く張りを感じない人もいます。

胸の張りだけでは妊娠したかどうかを判断するのは難しいので、その他の妊娠初期症状が現れていないかを確認してみると良いですね。

・その他の妊娠初期症状

生理がこないことや胸の張りだけでは妊娠を決定づけるものとはいえません。

妊娠初期症状として1番わかりやすいのはつわりですね。

においに敏感になり、普段大丈夫なご飯のにおいや消臭剤のにおいが受け付けなくなり、吐いてしまったり食欲がわかないなどの症状が出ます。

エストロゲンやプロゲステロンが分泌され続けていることで体温が高い状態が続き、体の怠さや熱っぽさ、眠気を強く感じることもありますね。

その他、情緒不安定になったり、便秘や下痢、腰痛が起こることもあります。

これらの症状があり、生理が1週間以上遅れているなら妊娠の可能性が高いですね。

妊娠検査薬で検査し、陽性反応が出たらすぐに産院へ行きましょう。

もし生理が始まっても胸の張りが続くようであれば、何かトラブルが起きている可能性もあるので乳腺科や産婦人科で診てもらうと安心ですね。

Pain / Sakura sorral

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。