生理がいつもより少ない!原因は病気?それとも妊娠?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Why ?

今月の生理はいつもより少なかったと不安に思うことはありませんか?

いつもとは違う様子に戸惑ってしまうこともあるかもしれませんね。

生理の量が少ないとどんなことが考えられるのでしょうか。

今回は生理の量が少ない時の病気や、妊娠の可能性について紹介します。

・生理の適正量

生理の時の経血には実はさまざまなものが含まれています。

子宮内膜や子宮からの分泌物、酵素、粘液、老廃物など体に不要なものが含まれています。

血液はこの内の10分の1程度しか含まれていません。

生理が始まってから終わるまで排出される量は、成人女性で120mlから140mlといわれています。

人によって子宮の大きさも違いますから少なめでも心配いりませんし、30代を過ぎた頃から加齢によって徐々に減り始めます。

もし、いつもの出血量に比べて少なく、生理が2日で終わってしまったりナプキンを使わなくても良いくらいの量の場合は、過少月経や過短月経の可能性があります。

・生理の量が少なくなる原因

無排卵月経

基礎体温をつけていればわかりやすいのですが、排卵後に高温期が来ない場合は無排卵月経が考えられます。

女性ホルモンが正常に機能していないことで起こります。

ストレスやダイエットが原因です。

黄体機能不全

こちらも基礎体温をつけていればわかるのですが、高温期が9日以内と短い場合は黄体機能不全が疑われます。

妊娠を継続するための大事な黄体ホルモンが正常に分泌されないと、子宮内膜の厚みを十分に保つことができません。

そのため受精卵が着床しにくく妊娠しづらくなるため、不妊症の原因になります。

また、黄体ホルモンは子宮収縮を抑える働きもあるので、もし妊娠しても流産しやすくなります。

子宮発育不全

子宮発育不全は過少月経の1つの原因とされていますが、子宮の形は外からは判断できず正式な病名はありませんし、診断も難しいといわれています。

先天的に子宮の形が正常でないこともありますが、卵巣機能が不十分で女性ホルモンが不足するため子宮が正常に発育できないという後天的な理由が大きいようです。

子宮腔癒着症

流産の掻爬手術が原因で、子宮の内腔が癒着してしまう症状です。

子宮内膜が癒着しているので、生理が少なかったり無月経になることもあります。

また、子宮内膜が厚くなることができず受精卵が着床しにくくなるので、不妊症の原因になります。

病気

子宮筋腫や子宮内膜症、子宮内膜炎などの病気が原因で生理の量が少なくなることがあります。

逆に量が増えることもあるので、いつもと違う時は放置せずに病院へ行きましょう。

加齢

更年期にさしかかると女性ホルモンのバランスが乱れるので、子宮内膜が厚くならず生理が少なくなります。

30代後半から40代に多く見られます。

・妊娠超初期症状の着床出血かも?

着床出血とは、受精卵が子宮内膜に着床する時に内膜が少し傷つき出血が起こることです。

また、妊娠するとホルモンバランスが乱れるため、その影響で子宮内膜が少し剥がれ落ちることもあります。

生理予定日より1週間前から予定日前後に出血が起こることが多く、出血が少ないく鮮やかな色をしていることが多いですね。

人によっては生理と同じ量が出たり、生理のような赤黒い色の出血がある場合もあるので、注意して確認しなければ気付かないかもしれません。

基礎体温をつけていれば生理が来る日を予測できるので、着床出血と生理の違いを見分けることができると思いますが、基礎体温をつけていなければ「今月はちょっと生理が早くきたな」「いつもより少ない生理だったな」と思って、生理と間違ってしまうことがよくあります。

妊娠超初期症状である着床出血に気づかず、次回の生理まで妊娠に気づかないこともよくありますよ。

また、着床出血は妊娠したからといって誰にでもある出血ではないので、妊娠の可能性がある場合は生理予定日を過ぎたら妊娠検査薬を使ってみましょう。

・基礎体温をつけてみよう

生理が少なくなって軽く済むのは女性にとって嬉しいことですが、少ないことは良いことではありません。

いつもより少なく感じた時は、基礎体温をつけてみるようにしましょう。

それをグラフ化して病院にもっていくことで、原因が早くわかると思います。

病気の可能性もお話ししましたが、病院でしっかり治療すれば妊娠できる可能性は大いにありますので、生理が少なくなったことで諦めないでくださいね。

Why ? / Mont Lasalle

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。