生理後に妊娠発覚?生理だと思っていた出血の正体とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Surprise!

生理がこなくて産婦人科に行き、「妊娠3ヶ月」と告げられ不思議に思ったママもいることでしょう。

前回生理がきたのになぜ?と思うこともあると思います。

考えられるのは、生理だと思っていた出血が妊娠初期症状の出血である場合です。

今回は妊娠して超初期に起こる出血について紹介します。

・妊娠超初期症状とは

妊娠というのは、受精卵が着床し胎嚢ができることで妊娠としてカウントされるようになります。

この着床が起こるのは妊娠3週目頃、わかりやすくいうと生理予定日の1週間前なのです。

妊娠3週目は妊娠の兆候が最も早く現れる時期で、妊娠超初期といいます。

妊娠超初期には着床と同時に着床出血が起こる人が全妊婦の約2%いるので、これを生理だと勘違いする人が多いのです。

生理予定日より1週間前から予定日前後に着床出血があり、出血が続く期間は1日の人もいれば1週間の人もいます。

出血はサラッとした鮮血であることが多いのですが、ホルモンバランスの関係で生理と同じような出血が起こる人もいます。

今回はなんとなく生理が早くきたな、軽くて早く終わったなと勘違いしてもおかしくない出血があるので、妊娠に気づくのが遅れてしまうことがあるのです。

・生理後に妊娠発覚するのはなぜ?

着床出血を生理だと勘違いしても、次の生理が来る前に妊娠に気づくことがあります。

それは妊娠によってホルモンバランスが変化するからです。

妊娠していない場合は2つの女性ホルモンが増加と減少を繰り返して生理周期が成り立っているのですが、妊娠すると2つの女性ホルモンは分泌量が増え妊娠を継続しようとします。

生理後だと思っている期間もホルモンが増え続けているので、妊娠初期症状が体に現れ始めます。

例えばつわりだったり、眠気、体のだるさ、涙もろくなったり、下痢や便秘などの症状が出てきます。

着床出血を生理だと勘違いしても、生理後の体の変化が気になり妊娠検査薬を試すと陽性反応が出て妊娠が発覚することも多々あるのです。

・体の変化を感じ取ろう!

生理だと勘違いしやすい着床出血が起こる時期は、お腹の赤ちゃんにとってはとても大事な時期です。

つわりがない人や生理不順の人が、生理後に妊娠に気づかないまま次の生理予定日を過ぎてしまうと、気付いた時には妊娠3ヶ月や4ヶ月になってしまうこともあります。

この時期のお酒や薬、喫煙は極力避けたい時期なので、体の微妙な変化を感じ取って欲しいと思います。

少しでも異変を感じたら、まずは妊娠検査薬で検査してみましょうね。

Surprise! / Joshua Rappeneker

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。