妊娠12週までは要注意!妊娠初期の流産の兆候とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Sleep

妊娠中は見えない赤ちゃんをお腹の上で感じ、「元気の育っているのだろうか」と誰でも不安になりますよね。

しかし残念なことに、妊娠中に流産してしまう女性は少なくありません。

流産は決して珍しいことではないのですが、デリケートな問題なので話題に上がることが少なく流産が珍しいことのように感じてしまうのですね。

今回は流産の兆候につてい紹介します。

・流産はいつ起こるの?

流産とは妊娠22週未満に何らかの原因でお腹の赤ちゃんが育たなくなってしまう状態です。

流産は全妊婦の15%と以外に高い確率で起こっています。

流産には人工的に流産を起こす人工妊娠中絶も含みますが、それを除いた流産が自然流産といいます。

妊娠12週未満に流産してしまうと早期流産、妊娠12週から妊娠22週未満に流産してしまうと後期流産と分類され、流産のうち80%が早期流産になります。

・流産の原因

妊娠初期に起こる流産のほとんどは、染色体異常であることが多く、予防したり兆候があったとしても1度流産が進んでしまうと止めることができません。

母体側に問題がることはほとんどなく、流産は避けられないものと考えてよいと思います。

・妊娠初期の流産の兆候

出血

妊娠初期は正常妊娠でも出血したりお腹が張ることがよくあるので、流産や切迫流産の状態との出血と区別することが難しく対処が難しいです。

出血とともにひどい腹痛がある場合は、子宮外妊娠の可能性もあるのですぐに病院を受診しましょう。

腹痛

妊娠初期の腹痛は、まだ妊娠に気付いていないこともあり生理と勘違いしてしまうかもしれません。

腹痛の他に胸の張りや吐き気などを伴う場合は、妊娠検査薬で確認してみましょう。

腹痛があり妊娠検査薬が陽性だった場合は流産や子宮外妊娠の可能性があるので、すぐに病院を受診しましょう。

また、腹痛に出血が伴ってなければ切迫流産かもしれませんが、進行流産に移行する場合もあるので注意しましょう。

腰痛

流産になると子宮内の内容物や残留物を排出しようとするため腰痛が起きます。

お腹の張り

妊娠初期にお腹の張りを感じることは少ないのですが、子宮がものすごい早さで大きくなっているため下腹部に違和感があったり、重さのような形で感じることがあります。

この症状は誰でも感じるので心配いりませんが、お腹の張りとともに出血がある場合は切迫流産や流産の可能性があります。

早めに病院へいくようにしましょう。

つわりが急になくなる

つわりは早くて妊娠4週頃から始まり、8週から11週にピークを迎え、その後治まっていき16週までには落ち着くことが多いです。

しかし流産になると、急につわりがなくなることがあります。

つわりの症状は波がありますが、ピーク時に急になくなるようなら流産の可能性を疑い、病院へ行きましょう。

基礎体温が下がる

赤ちゃんがお腹の中で育たなくなることで、これまで続いていた高温期から一転、基礎体温が下がります。

しかし基礎体温も計測ミスや計る時間帯によっても左右するので、その他に症状がなければ様子をみてみましょう。

数日続くようなら病院を受診しましょうね。

また、稽留流産といいお腹の赤ちゃんが体外に排出されないまま流産に至っている場合は基礎体温は下がりません。

・心のケアをしましょう

妊娠初期の流産の多くは、染色体異常があるため十分の育つことができず流産に至ってしまいます。

つまり予防しても防げないことが多いんですね。

しかし、切迫流産の状態から流産に繋がってしまう場合は、ママが予防することで流産を防げる可能性があります。

体を冷やさないようにしたり、葉酸やビタミンEをたくさん摂る、無理な運動は避ける、睡眠を十分にとりストレスを溜めないなど、赤ちゃんがお腹の中で安心して育てるような環境を作ってあげましょう。

それでも流産してしまうこともあります。

自分を責めず心のケアを家族でして、次の妊娠に前向きに取り組めるようにしたいですね。

Sleep / mislav-m

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。