流産が起こる確率は?妊娠週数や年齢で違うの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Fall

妊娠はとても嬉しいことですが、それと同時に赤ちゃんが元気に育っているのかと不安になる気持ちもあると思います。

妊娠に気付いた頃は妊娠初期の流産に気をつけなければなりません。

しかし流産は、気を付けても防げないことがあります。

今回は流産の確率について紹介します。

・流産が起こる確率

流産とは妊娠22週未満に何らかの原因でお腹の中の赤ちゃんが育たなくなってしまう状態です。

流産は妊娠12週までを早期流産、妊娠12週から妊娠22週までを後期流産と分類します。

それ以降は流産ではなく、死産として扱われます。

流産は全妊婦の8%から15%と高い確率で起こり、流産のうちおよそ80%が早期流産といわれています。

数にするとおよそ12人から13人に1人は流産してしまうことになります。

・流産の割合

早期流産してしまう人のうち

  • 22%から44%が妊娠5週から7週で流産
  • 34%から48%妊娠8週から12週で流産

に至ってしまいます。

後期流産に分類される妊娠13週から16週に流産してしまう人は、およそ6%から9%と低くなります。

16週以降は胎盤が完成するので流産する確率は格段に減りますが、まだまだ注意が必要です。

・妊娠初期の流産の原因

妊娠初期の流産のうち50%から60%が一定の確率で起こる染色体異常による流産といわれています。

受精の段階で赤ちゃんが十分に育てないことが決まっており、流産に至るケースです。

流産したことで自分を責めてしまうママがいますが、母体側には原因がないことが多いのです。

染色体異常の他に考えられるのは、子宮の異常や黄体機能不全、精子の異常などが流産の原因となります。

・妊娠中期の流産の原因

妊娠中期とは妊娠16週から妊娠27週までのことを指し、安定期とも呼ばれますね。

妊娠初期の流産はほとんどが染色体異常が原因でしたが、妊娠中期は母体側に原因があることが多いです。

主な原因としては内分泌異常、細菌、感染症、自己免疫疾患、合併症、奇形、子宮の異常があげられます。

感染症や子宮の異常の場合は、適切な治療をすれば流産を防ぐことができるので、妊婦健診を定期的に受け不安なことは相談するようにしましょう。

・年齢と流産の関係

流産は年齢が高くなるほど確率が高くなるという報告があります。

20代は10%前後、30代は20%を越え、35歳を過ぎると急に流産の確率が上がり、40歳を超える高齢出産になるとその確率は40%前後になります。

流産の確率は年齢によって大きく変わってくるようです。

・赤ちゃんの生命力を信じよう

妊娠検査薬で陽性反応が出て病院に行き、心拍が確認できると一安心とよく言われると思いますが、心拍が確認できたとしても、流産の心配は妊娠22週まで続きます。

しかし流産のことばかり気にした生活はストレスが溜まってしまいますので、赤ちゃんの生命力を信じて無理のない生活を送るようにしましょうね。

Fall / rheannone

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。