着床出血はないほうがいい?妊娠への影響はあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



worried

妊娠している可能性がある女性は、出血に敏感になると思います。

着床出血という言葉を聞いたことがあると思いますが、ほとんどの妊婦に起こらない出血のため、「ないほうがいい」と勘違いしてしまうこともあるようです。

反対に「着床出血がなければ妊娠していない」と誤った理解をしている人もいるのではないでしょうか。

今回は着床出血の仕組みと妊娠への影響を紹介したいと思います。

・着床出血が起こる原因

着床出血は、生理予定日の1週間前から生理予定日頃に起こる出血のことをいいます。

出血量は少なく、1日か2日で終わってしまう人が多いですね。

稀に量が多く、1週間続くこともあるので生理と勘違いしてしまうこともあるのです。

痛みはほとんどなく、チクっと感じる人もいるようです。

生理と着床出血が明らかに違うのは、出血が起こる原因です。

生理は受精卵が着床するために厚くなった子宮内膜が必要なくなり、剥がれ落ちることで起こります。

着床出血が起こるのは2つの原因が考えられています。

受精卵による組織融解

受精卵が子宮内膜にしっかりと着床するために、受精卵の絨毛が子宮内膜の組織を溶かして深く侵入していきます。

子宮内膜には毛細血管も巡っており、その部分も溶かして受精卵とくっつきます。

毛細血管から栄養を取り込むために必要な現象なのです。

溶かされた血管が一部破れている状態になるので、血液が子宮内に少し漏れて着床出血として体外へ排出されます。

女性ホルモンの影響

生理が来るときは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌が減ることで子宮内膜が剥がれ落ち生理がくるようになっています。

しかし妊娠すると、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量は減らず生理が止まります。

この2つのホルモンの分泌量が減らないのは、妊娠すると分泌されるhcgホルモンの影響です。

hcgホルモンは妊娠すると分泌されるのですが、妊娠初期は分泌量が少ないことがあり、卵胞ホルモンと黄体ホルモンに働かないことがあります。

その結果、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが減少してしまうので、生理ほどではないものの出血が起きてしまうのです。

・着床出血はないほうがいい?

着床出血は妊婦の約2%にしか起こらない出血のため、出血があると妊娠が続かないのではないかと不安に思うこともあるかもしれません。

また、ホルモンの分泌量が少ないために生理ほどではない出血が起こるということは、赤ちゃんがしっかり育つ子宮内膜の厚みがないのではないかとも思ってしまうでしょう。

しかし、妊娠しているとhcgホルモンが増加していくことで黄体ホルモンは7週目まで増加を続け、その後は胎盤が黄体ホルモンを作り出し39週目のピークまで増えていきます。

卵胞ホルモンも妊娠28週から39週頃には、非妊娠時より血中では100倍、尿中には500倍から1000倍になると言われています。

つまり、妊娠をしっかりと維持できるだけのホルモンが分泌されるので心配ありません。

また、子宮内膜を溶かして出血が起きたとしても、それは妊婦の体で起こる生理減少です。

出血があってもなくても、妊娠するために体の中で起きている変化なので問題ありません。

出血が体内に吸収されるか、体外に排出されるかの違いということです。

・着床出血に惑わされないで!

着床出血があってもなくても妊娠には影響がないということがわかりましたね。

着床出血が「あったほうがいい」「ないほうがいい」ということで悩まなくても大丈夫だということです。

ただ、着床出血があることで生理がきてしまったと落ち込んだり、出血の原因を考えたりするなど惑わされてしまうことが多いので、精神的には「ないほうがいい」のかもしれません。

worried / DrewbieDoo

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。