無理なく続けよう!妊婦におすすめの運動とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Baden mit Bauch

妊婦になってだんだんと感じてることは運動不足ではないでしょうか。

もちろん過度な運動は避けなければいけませんが、大きなお腹を支える体力や長時間の分娩に耐える体力が必要です。

お腹の赤ちゃんに危険がないような運動はどんなものがあるのでしょうか。

今回は妊娠中にできる運動について紹介します。

・ウォーキング

誰でも気軽に始めることができ、体に大きな負担なく始められるのがウォーキングです。

妊娠16週になると安定期に入りますので、赤ちゃんも子宮の中で安定し、つわりも終わってプレママの体調も安定してきますよね。

ウォーキングは主に下半身に効果が出ますし、関節の動きも良くしてくれるため安産の効果も期待できる運動です。

また、下半身に筋肉がつくことで血行も良くなり、足などのむくみ解消になります。

妊娠中に足がつるという方も多いのではないでしょうか。

そのような症状もウォーキングによって軽減できますので、ぜひウォーキングを始めてみてはいかがでしょうか。

しかし注意も必要です。

春・秋など気候の温暖な時には大丈夫ですが、夏などの暑い時期は日中の運動は避けるべきです。

朝や夕方などの日差しもあまり強くない時間帯を選んでウォーキングをすると良いでしょう。

念のため医師に許可をもらい始めてください。

・マタニティエクササイズ

最近はよく耳にするようになりましたが、マタニティエクササイズという言葉をご存知でしょうか?

マタニティエクササイズは知名度が上がってきていて、様々な施設でたくさんの種類のエクササイズを実施しています。

エクササイズの種類としては、マタニティヨガやマタニティビクス、マタニティスイミングなどがあり、妊娠中の体重管理、疾病の予防など様々な目的に応じて開催されているようです。

マタニティエクササイズを行っているところでは、同じ妊婦の方がたくさん集まるので情報交換の場としても有効です。

特に第一子の場合、先輩ママなどからいろいろな話も聞くことができ、同じ目的を持って取り組む仲間がいるため無理なく続けることができます。

大きな施設に行かなくても、近くのスイミングスクールやスポーツジムでマタニティスイミングを実施しているところもあるようですので、気軽に問い合わせてみてはどうでしょうか。

体に大きな負担を掛けずに運動不足を解消しましょう。

・妊娠中の運動で気をつけること

妊娠初期は体調や胎児の状態も不安定なため、安定期に入り医師の許可が降りる5ヶ月頃から少しずつ始めましょう。

お腹の張りや痛み、体調が優れない時は中止し、運動中に異変があった場合も中止して様子をみましょうね。

食後や入浴後は運動しないようにして、自分に適した運動量を調節しながら行いましょう。

医師から安静の指示が出ている期間は、運動せずにゆっくり過ごすようにしてくださいね。

Baden mit Bauch / Schwangerschaft

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。