妊娠中でも加入可能!異常分娩も保険対象になる保険がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク



Baby in Belly

妊娠や出産は基本的に病気ではないため、通常の健康保険が適用されません。

その変わりに自治体から発行されている、妊婦健康診査受診票という補助券があるので費用が助成される仕組みになっています。

もし妊婦健診で投薬などの治療が必要になった場合は保険が適用されます。

しかし、流産や早産による手術や入院が必要になったり、出産が帝王切開になった場合には高額な医療費を支払わなければならなくなります。

その時に医療保険に加入しているかしていないかでは、負担の差が大きくなるのです。

今回は妊娠中の保険加入について紹介します。

・妊婦は保険に加入した方が良い?

医療保険は、万が一に備えて加入する任意の保険です。

基本的に妊娠や出産は病気として扱われないため、自然分娩だった場合は保険の対象外になるため給付金は支払われません。

しかし妊娠から出産までは、体の変化にともなって妊婦がどのような状態になり、どのような出産をするかは、その時になってみないとわからないという側面が大きいのです。

もし医療保険に加入せず手術や入院、帝王切開をした場合、医療費のほとんどは自己負担になってしまいます。

そうしたリスクを避けるため、女性は結婚を機に医療保険に加入する良いとされています。

・妊娠中は医療保険に加入しずらい?

どんなに健康な人でも、妊娠するとさまざまなトラブルに直面する可能性があります。

結婚を機に医療保険に加入していれば良いのですが、授かり婚だったり、タイミングを逃してまだ加入していないということもあるのではないでしょうか。

一般的には妊娠中に保険には加入しずらいと言われています。

妊娠中に加入できる保険でも、条件が厳しかったり保証内容が狭いなど、妊娠前に加入した場合と比較すると、保証内容に納得出来ない場合もあるかもしれません。

また、妊娠中に加入しても次回からの妊娠に関してのみ給付金が支払われるケースもあるので、よく医療保険を比較する必要があります。

・妊娠中でも加入できる医療保険

ここまでの話を見ると保険に加入するのは難しいと思っているかもしれませんが、最近の医療保険の中には、妊娠後の加入であってもその妊娠に対して保険が適用され、万一のことが起こった場合に給付金が支払われるものがあります。

異常分娩を保証してくれるという保険というのは、切迫流産や切迫早産、帝王切開などの異常妊娠により入院した場合や、その他の妊娠中の病気やトラブルが発生した時に給付金がもらえる保険です。

妊娠中に加入できる保険はありますが、保証内容は商品によって違いますので数ある医療保険の中から最適なものを選ぶようにしましょうね。

Baby in Belly / moke076

こんな記事も読まれています

The following two tabs change content below.
お助けママです(^^) 私は現在、幼稚園で先生をしています!!毎日子ども達と関わり、楽しい日々を過ごすと同時に、考えさせられる毎日でもあります。少しでも役立つ子育ての情報や豆知識をお伝えし、お役に立てればと思いブログを立ち上げました(o^^o)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。